【 入門編 】人工芝のおすすめランキング3選、選定ポイントも解説

  • URLをコピーしました!

人工芝は耐久性が高く、バリエーションが豊富に揃っているのが魅力です。

しかし、種類がありすぎてどれを選べば良いのか?

本記事では、そんな悩みを解決します。

目次

人工芝の選びのポイント

選定ポイントはいくつかあります。

選び方を間違えると、思うような仕上がりになりません。

耐久性の高さ

人工芝では基本的に「 ナイロン 」「 ポリプロピレン 」「 ポリエチレン 」の3種類のプラスチック素材が使用されています。

長持ちさせたい場合は、ポリプロピレン、ポリエチレンがおすすめ。

耐久性の高さで選びたい場合は、ポリエチレンが最適。

リーズナブルな価格帯にもかかわらず、耐久性も高いため、コスパに優れています。

長さで選ぶ

商品によって芝丈の長さが異なり、ショートタイプ、ミディアムタイプ、ロングタイプの3種類に分類されます。

  • ショートタイプ:メンテナンスが楽、水はけに優れている
  • ミディアムタイプ:天然に近い人工芝、クッション性が高い
  • ロングタイプ:高級感があり、クッション性が高い

長さによってクッション性や質感などが異なるため、好みに合わせて選びましょう。

インテリアに合わせた色で選ぶ

一般的に、人工芝は爽やかなグリーンが使用されることが多い傾向です。

しかし、商品によって色の違いがあるため、適当に選ぶとインテリアに合わず見栄えが浮いてしまうこともあります。

人工芝を選ぶ際は、インテリアや外壁など周囲の色に合わせるのがポイントです。

例えば、温かみのある雰囲気に仕上げたい場合は、黄味がかった色味がおすすめです。

鮮やかでおしゃれな雰囲気に仕上げたい場合は、爽やかなグリーン色が適しているでしょう。

色の少しの違いによって雰囲気がガラリと変わるため、仕上がりイメージを考慮して選ぶと良いでしょう。

機能性で選ぶ

人工芝の種類によっては、UV加工や防炎などの機能が備わっているものがあります。

特に人工芝は紫外線に弱く、時間の経過とともに色あせてしまうことも。

UV加工がされている人工芝であれば、紫外線の影響を受けにくいため、美しい状態を維持できます。

人工芝のおすすめランキング3選

リアリーターフ

リアリーターフは、化学薬品 / 繊維メーカー / デュポンが販売している人工芝です。

表面だけではなく裏地も頑丈なため、凹凸のある地面でも綺麗に敷けます。

静電気抑制繊維が配合されているため、小さなお子さんやペットがいる家庭でも安心して使用できるでしょう。

価格や耐久性のバランスが良く、コスパに優れています。

ロングパイル

ロングパイルは、アイリスオーヤマが販売している人工芝。

カーペットの製造技術を生かして作られた人工芝は、質が高く仕上がりも綺麗なのが特徴。

高品質かつリーズナブルな価格設定がされており、お財布に優しい。

ブランド力のある企業が販売している商品でもあるので、信頼性や安全性も高い。

メモリーターフ

メモリーターフは、ユニオンビズから販売されている人工芝(スポーツに適した人口芝)

1本1本に形状記憶加工がされているため、綺麗な状態を長持ちさせやすいのが特徴。

庭で家族やペットと一緒に運動したい方にピッタリ。

まとめ

今回はおすすめの人工芝を紹介しました。

人工芝を選ぶ際は、耐久性や周りのインテリア、家の雰囲気などを考慮した上で検討する必要があります。

どの人工芝にしようか迷った場合は、ぜひ今回ご紹介した商品を検討してみてください。

耐久性や品質が高いだけではなく、リーズナブルです。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次