【 入門編 】人工芝をDIYする手順をプロが解説!

  • URLをコピーしました!

人工芝は天然素材に比べると耐久性が高く、メンテナンスにあまり手間がかかりません。

しかし、専門業者に依頼すると費用が発生するため、できるならDIYで設置したいですよね。

本記事では、人工芝をDIYする手順を解説します。

ぜひ参考にしてください。

目次

人工芝を自分で敷くなら防草シート一体型がおすすめ

人工芝を自分で敷くなら、防草シート一体型の人工芝が便利です。

防草シートと人工芝をそれぞれ個別に敷く手間が省けるため、効率よくDIYができるでしょう。

雑草が生えにくく、水をまく必要もないため、カビや虫の予防にもつながります。

人工芝を自分で敷く手順

人工芝をDIYする手順は、下記の通りです。

STEP
下地処理
STEP
防草シートの設置
STEP
人工芝の設置
STEP
人工芝のカット
STEP
人工芝の固定

※ 防草シート一体型の人工芝を取り入れる場合は、STEP2とSTEP3の作業は1回で済みます。

下地処理

まずは雑草や石を取り除き、下地処理をしていきます。

石や雑草などが残っていると凹凸ができ、仕上がりが美しくきまりません。

石を完全に取り除けなかった場合は、砂などを加えて平らにしてもOKです。

次に、土を固めて平らにしましょう。

専用の道具がなくても、足で踏んで平らにしても問題ナシです。

しっかり踏んで固めなければ、凹凸ができて不自然な仕上がりになったり、水たまりができたりするので注意してください。

防草シートの設置

下地処理が終わったら、防草シートを設置していきましょう。

防草シートを設置する際は、シート同士を10cm以上を重ねると良いです。

継ぎ目から雑草が生えにくくなるため、より効率の良い雑草対策になるでしょう。

また、防草シートであれば何でも良いわけではありません。

人工芝を設置する際は、人工芝専用の防草シートを使用しましょう。

破れにくくかつ、雑草対策にもなるため長持ちするでしょう。

人工芝の設置

防草シートの設置後は、防草シートの上にたるみが出ないよう、人工芝を広げていきましょう。

人工芝を並べる際は、芝の目が揃うように意識すると良いです。

芝の流れが揃うので、美しい見た目に仕上げられます。

人工芝のカット

人工芝を広げたら、長さに合わせてカットしていきます。

カットする際は、裁断部分にチョークなどで印を付けると綺麗に切りやすいです。(裏からカットするため、裏側に印をつける)

芝を切らないように注意しながら、カッターもしくはハサミで切っていきます。

排水桝などがある場合は、少しずつ切れ込みを入れながら、自然な見た目になるようにカットしていきましょう。

人工芝の固定

次に人工芝を固定していきます。

人工芝が重なっていないか、開きすぎていないか、必ずチェックしましょう。

位置を決めたら、人工芝用の固定ピンで固定します。

継ぎ目が気になる場合は、人工芝用の両面テープを使い、人工芝と防草シートを張り合わせて固定するのがポイントです。

見た目が綺麗になるだけではなく、耐久性も増すのでぜひ試してみましょう。

仕上げ作業

最後に全体を見渡し、人工芝の浮いている部分がないか、継ぎ目が目立っていないかを確認しましょう。

あとはデッキブラシなどで慣らして、芝を立たせて作業完了です。

まとめ

人工芝の設置は、作業工程のポイントを押さえれば、経験が少ない方でもDIYできます。

うまく設置できるか不安な方は、防草シートと人工芝が一体型になっているものをチョイスしましょう。(手間と時間が省けます)

人工芝は天然芝よりも価格が安いため、気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
【 入門編 】人工芝のメリット・デメリットとは? 庭の外観を整えようと、人工芝を検討していませんか? 人工芝にもメリットとデメリットがあるため、比較検討することが大切です。 本記事では、人工芝のメリット・デメ...
あわせて読みたい
【 入門編 】防草シート一体型の人工芝とは?メリット&デメリットを解説 人工芝の下に防草シートを敷くことで、雑草対策につながり、長持ちさせられます。 しかし、2回に分けて設置しなければならず、面倒に感じる方も一定数いますよね。 近年...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次