【 戸建て住宅 】狭いベランダを有効活用するアイデア9選

  • URLをコピーしました!

戸建て住宅に住んでいるけれど、ベランダのスペースが少し狭くて困っていませんか?

今回は、狭いベランダでも上手に活用するためのアイデアをお届けします。

狭いベランダを有効活用するには、「 そのままの状況を活かす 」「 リフォームする 」の2つの方法があります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

1階 】狭いベランダを有効活用する4つの方法

ゴミの仮置き

狭いベランダを一時的なゴミ置き場として、活用する方法。

夏場など、「 ゴミが臭う 」と感じられるときには有効です。

ただし、ゴミをためすぎて近隣から苦情が出ないよう注意してください。

収納スペース

ベランダを収納スペースとしてうまく活用する方法。

物が溢れずスッキリと見せられるため、来客時にも気にせずおもてなしが可能です。

例えば、小さくても丈夫な収納ボックスであれば、腰かけにもなります。

ガーデニング

ガーデニングとしてベランダを有効活用する方法。

狭くて地味に感じていたベランダが、明るい雰囲気に変化します。

憂鬱な雨の日でも、華やかな気分で過ごすことができるでしょう。

子どもの遊び場

ベランダを遊び場として活用する方法。

1階であれば、親の目が届く範囲で自由に遊べるため、安心です。

2階 】ベランダをリフォームでうまく活用する方法

2階のベランダをリフォームで有効活用したいと考えている方もいるでしょう。

主な活用方法を2つ紹介します。

寝室にする(インナーバルコニー)

2階のベランダスペースを、新しい寝室にリフォームするのはいかがでしょうか。

子どもが大きくなった・家族が増えたなどの理由で、「 狭くても良いのでもうひとつ寝室が欲しい 」と感じる方も少なくありません。

また、ベランダに隣接する部屋に物が増えた・タンスをひとつ置いたら狭く感じるという場合、ベランダを寝室としてリフォームし、ベッドを移動すれば部屋が広く使えます。

リフォーム費用は、3畳で70〜120万円ほど、6畳なら130〜180万円ほど。(目安)

インナーバルコニー 〜 バルコニー部分が建物の内側に設置されているタイプで、2階以上に作られる。天候の影響を受けにくく、幅広い用途で利用可能。戸建て住宅を検討している方に人気。

仕事場にする

狭いベランダをリフォームして、省スペースの仕事場にする方法。

コロナ禍以降、リモートワークが一般的になったことで、自宅にワークスペースを設ける家庭が増えています。

ベランダをリフォームして小さな書斎にすれば、自宅の既存スペースを潰すことなく、仕事部屋としてパーソナルな空間を確保することができるでしょう。

リフォーム費用は2畳程度で、50〜70万円ほどです。(目安)

ベランダ活用アイデア(その他)

その他、狭いベランダをリフォームしてうまく活用するアイデアを3つ紹介します。

サンルームを設置する

今までの狭いベランダに、サンルーム(ガラス窓に覆われたスペース)を増設してはいかがでしょうか。

ベランダを解体しない場合の価格は、40〜70万円程度。

ベランダを解体する場合、90〜100万円ほど。(目安)

ウッドデッキを取り付ける

リフォームでリビングと庭の中間地点にウッドデッキを取り付ける方法。

布団を干したり、カフェスペースにしたりと、使い方はさまざまです。

ベランダに新たな部屋を増築せずに済むため、費用も安く抑えることができます。

費用は2畳で10〜20万円、4畳で15〜40万円、6畳で20〜50万円ほど。(目安)

あわせて読みたい
置くだけ型のウッドデッキは台風でも大丈夫?メリット・デメリット&注意点を徹底解説! 工事要らずで簡単に設置できる「置くだけウッドデッキ 」なら、手間やお金をかけずに庭の雰囲気を一変させることができます。 しかし手軽な一方、こんな不安や疑問を抱...

床をオシャレな癒やし空間にする

床にウッドパネルや人工芝などの床材を敷いて、印象を変える方法。

狭くて地味に感じていたベランダが、ぬくもりの感じられるくつろぎ空間に早変わり。

費用は6畳で13万円〜30万円ほど。(目安)

まとめ

今回は、ベランダを有効活用する方法について解説しました。

戸建て住宅のベランダは、実用的な使い方やおしゃれな使い方など、さまざま方法で活用することが可能です。

これから戸建てのリフォームを検討中の方の参考になれば幸いです。

ただし、災害時などに備えてベランダの避難ルートの確保もお忘れなく。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次