【 意外と知らない 】カーポートの積雪強度はどうやって確認しているのか?

  • URLをコピーしました!

カーポートのカタログを手に取ると、その強度の区分が積雪量を基準にしていることが分かります。

「 積雪20センチ 」「 積雪50センチ 」といった表記が、その強度を示す基準となっています。

しかし、これらの強度基準は一体どのように確認されるのでしょうか?

本記事では、カーポートの積雪強度がどのように確認されるのか、その背景を詳しく解説します。

目次

カーポートの強度確認の方法とは?

カーポートの強度は、模型ではなく、実際の製品を使用して検証されています。

実際の組み立てを用いたカーポート試験の実態

試験は、リアルな状況を再現するため、実際のカーポートを組み立てて行われます。

カーポートは車を保護するための広い屋根であるため、試験は大規模となります。

シミュレーションだけでは精度が十分でないため、実物大のカーポートを使用しての検証が不可欠です。

JISに基づくカーポートの強度区分

カーポートの強度区分について、詳しく見ていきましょう。

JIS(日本産業規格)によれば、カーポートの強度は積雪量に基づき、600・900・1500・3000・4500・6000の6種類に分類されています。

各区分とその対応する積雪量は、以下の表で示します。

区分積雪量
60020センチ程度
90030センチ程度
150050センチ程度
30001メートル程度
45001.5メートル程度
60002メートル程度

カーポートのカタログで見かける「 積雪20センチ 」という表記は、JISの区分に基づいています。

カーポートの試験方法は2つ

カーポートの積雪に関する試験は、主に「 損傷確認試験 」と「 倒壊確認試験 」の2つに分かれます。

これらの試験では、雪を模倣した砂袋やおもりを屋根上に置き、カーポートの耐久性を確認します。

それぞれの試験には特有のポイントがあるため、以下で詳しく解説していきます。

損傷確認試験のポイント

カーポートの「 損傷確認試験 」では、屋根の上に砂袋やおもりを均等に配置し、部材の「 たわみ 」と「 損傷 」の状態を確認します。

雪が屋根に積もると、その重みでカーポートの部材はたわむ可能性があり、特に弱い部分は損傷のリスクが高まります。

この試験は、そのような状況をおもりを使用して再現し、具体的な影響を測定するものです。

損傷確認試験での荷重の詳細は、以下の表で示します。

強度区分屋根に載せる荷重
600600N/㎡(約60kgf/㎡)
900900N/㎡(約90kgf/㎡)
15001500N/㎡(約150kgf/㎡)
30003000N/㎡(約300kgf/㎡)
45004500N/㎡(約450kgf/㎡)
60006000N/㎡(約600kgf/㎡)
※1N(ニュートン)は力の単位で9.8kgf

たわみ 〜 物体が外部からの力(荷重)によって変形することを指す。(板などの構造物が重さや荷重によって中央部が下に曲がる現象)

倒壊確認試験の重要性

この試験も屋根の上におもりを載せるものですが、目的は異なります。

こちらはカーポートが倒壊や崩壊するかどうかを確認するためのものです。

以下の表に示す荷重を参照すると、損傷確認試験に比べて、より厳しい条件下での試験となっていることが理解できます。

強度区分屋根に載せる荷重
600800N/㎡(約80kgf/㎡)
9001200N/㎡(約120kgf/㎡)
15002000N/㎡(約200kgf/㎡)
30003700N/㎡(約370kgf/㎡)
45005500N/㎡(約550kgf/㎡)
60007400N/㎡(約740kgf/㎡)

積雪20センチのカーポート:実際の安全性は?

カーポートには、前述した通り、積雪強度に応じて600から6000までの区分が存在します。

しかし、驚くことに、市場に出回っている一般的なカーポートは、最も弱い「 積雪20センチ 」タイプが主流です。

果たして、この強度で十分安全なのでしょうか?

一般財団法人国土技術研究センターの資料によれば、豪雪地帯は日本の国土の約51%を占め、一般地域は49%です。

しかし、人口分布を見ると、この比率は逆転し、約85%の人々が一般地域で生活しています。

これを踏まえると、「 積雪20センチ 」のカーポートで、日本の人口の85%をカバーすることが可能という結論になります。

ただ、一般地域であっても、時折20センチを超える雪が降ることがあります。

そのような場合、カーポートの倒壊や崩壊を防ぐために、雪を落とす対応が必要です。

まとめ

「 積雪20センチ 」のカーポートについて、詳しく解説してきました。

この内容から、カーポートの強度区分や試験方法についての理解が深まったことでしょう。

また、積雪20センチのカーポートがなぜ適切なのか、その背景も明らかになったと思います。

カーポートの選び方は、デザインの豊富さに楽しさを感じる一方、強度の面も重要です。

住んでいる地域の特性を考慮して、適切なカーポートを選ぶことをおすすめします。

あわせて読みたい
1台用カーポート選びのコツはこれ!【 失敗しない 】 「 1台用のカーポートを購入したいけれど、選び方が分からない 」 エクステリアの顔といわれるカーポートは、失敗なく選びたいですよね。 本記事では、カーポートを選ぶ...
あわせて読みたい
おすすめ2台用カーポートの気になる費用相場は? 種類が多い2台用カーポート。 「 何を重視して選んだらよいのか?」という、あなたの疑問に答えます。 本記事では、おすすめの2台用カーポートや、誰もが気になる費用相...
あわせて読みたい
後悔しないカーポートバルコニー増築、メリット・デメリット&費用を解説! カーポートバルコニーとは、駐車場部分の上に設置されたバルコニーのこと。 駐車スペースの上はデッドスペースになっていることも多く、もしバルコニーがあったらこんな...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次