カーポート選びはデザイン、強度、コストの3要素に注目!

  • URLをコピーしました!

カーポート選びで困るのは、種類が多すぎることです。

Webで検索してもヒットする数が多すぎて、どれが自分に向いているのか分からないですよね。

カーポート選びは、デザイン、強度、コストを考慮する必要があります。

デザインを重視する方、強度を求める方、コストを重視する方、それぞれに適した選択肢が存在し、それぞれのニーズに最適な商品を見つけることができます。

本記事では、これらの異なるニーズに合わせて、カーポート選びのポイントとおすすめカーポートを紹介します。

目次

カーポート選び(デザインを重視するなら)

デザインを重視したい方は、大手メーカーの自信作をチェックしてください。

少し前では考えられないほど、おしゃれなカーポートを各メーカーが手掛けるようになっています。

LIXILと三協アルミが手掛けるカーポートを見ていきましょう。

LIXIL「 カーポートSC 」

住宅と美しく調和することを目指して開発されたカーポートです。

近年のトレンドである、シンプルモダンテイストの住宅とマッチすることもあり人気商品。

特徴は左右・後方を選んで立てられる柱と、アルミ製屋根で構成されたシンプルな形状。

カラーは3種類用意されているほか、柱と屋根でカラーを変えたり、天井面を木調にしたりできるのも嬉しいポイント。

あわせて、柱の位置を選べるようにしたことで、車の出し入れやドア開閉がスムーズになったことや、アルミ製屋根による直射日光や汚れへの強さなど、機能面にも注目してください。

三協アルミ「 U.スタイルアゼスト 」

LIXIL「 カーポートSC 」同様に、シンプルさが特徴のカーポート。

梁の上に屋根を置くだけでなく、梁の上から吊り下げるなど、3種類のスタイルから好みのものを選びましょう。

ここでは用意されている3つのタイプのうち「 セレクトラインタイプ 」に注目しますが、特徴はデザインに日本の伝統を思わせる格子を取り入れている点。

格子のデザインは、天井と合わせてサイド部分にも取り入れられます。

大手メーカーが得意とする和洋折衷の住宅や、堂々とした純和風の住宅に似合いそうです。

三協アルミ「 M.シェードⅡ 」

三角形を基本とした構造を目の当たりにできる「トラス屋根 」が、少しSFチックなカーポート。

雨どいが柱に収納されるなど、細かな部分のデザインにも気を配られています。

個性を大切にする方に、おすすめしたくなりますね。

柱が駐車やドア開閉を妨げず、独特の構造を引き立てる上吊りタイプと、スタンダードな屋根を梁置きするタイプの2つが用意されています。

柱・梁のカラーと屋根パネルは、それぞれ4種類のバリエーションから選べるので、お家とのコーディネートを楽しみましょう。

カーポート選び(強度を重視するなら)

風や雪が心配という方は、強度の高い折板カーポートがおすすめ。

異常気象の影響か、台風や積雪でカーポートがダメージを受けることは決して珍しくありません。

折板とはジグザグに折り曲げた金属板を指し、平面のものよりも高い強度を誇ります。

屋根に折板を用いたカーポートは、柱も強化されているので、多少の風や雪ではビクともしないでしょう。

YKK「 ジーポート 」

代用的な折半カーポート、YKK「 ジーポート 」は、風なら非常に強い46m/s(台風に相当)〜 62m/s(業界トップクラス)まで、積雪なら30cm 〜 最大300cm(業界トップクラスの)まで耐えられる仕様。

デザインも昔ながらのカーポートから進化しており、天井に木調パネルを用いることや、ダウンライトを取り付けられるほか、5種類のカラーバリエーションが用意されています。

LIXILや三協アルミなど、他のメーカーも折版カーポートを扱っているので、好みのものを探してみてください。

カーポート選び(コストを重視するなら)

コストを重視したい方は、屋根の材質はポリカーボネート、屋根の形状はアール屋根をチェックしてください。

スタンダードで安心感があり、価格も安いカーポートと出会えるでしょう。

あわせて試してみたいのは「 ローコストでおすすめのカーポートはありませんか?」と聞いてみることです。

大抵の外構業者はメーカーと特約店契約を結んでおり、多めに在庫を持っているなどの理由で、安価で提供できるカーポートを用意しているものです。

ポリカーボネート屋根を選ぶ

ポリカーボネートとは、耐衝撃性や耐久性、透明度に優れたプラスチックの一種で、飛行機のコクピットや車のヘッドライトにも使われています。

大手メーカーの代表的なモデルは以下です。

アール屋根を選ぶ

モダン系の家とマッチする平面屋根はカッコいいものの、価格面では湾曲したアール屋根には劣るものです。

先述したLIXIL「 ネスカ 」ならアール屋根はネスカR、平面屋根はネスカFと名づけられています。

数cm程度の雪なら、勝手に落ちてくれる雪ハケの良さも、アール屋根の魅力です。

まとめ

カーポートの種類の多さに迷ったら、デザイン・強度・価格のうち、どれを重要視するかを決めましょう。

カーポートの3要素の優先順位を決めることで、候補を絞り込めるので、カーポート選びが楽になるはずです。

また、デザイン・強度・価格の3要素と合わせて注目したいのは、何台用が必要か。

弊社では1台用、2台用、4台用についてコラムを用意しているので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
【 初心者必見 】失敗しない1台用カーポート選びのコツ(おしゃれデザイン3選) 「 1台用のカーポートを購入したいけれど、選び方が分からない 」 エクステリアの顔といわれるカーポートは、失敗なく選びたいですよね。 本記事では、カーポートを選ぶ...
あわせて読みたい
4台用カーポートおすすめ3選、メリット&デメリットを解説! 「 来客用の駐車スペースが欲しい 」 「 将来、子供たちの車も停めたい 」 そんな方には、4台用カーポートがおすすめです。 この記事では、おしゃれな4台用カーポート3...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次