【 初心者必見 】コンクリートブロックの外構知識を解説!

  • URLをコピーしました!

外構リフォームの基本知識があれば、実際にリフォームを外構業社に依頼した際、コミュニケーションも円滑に進みます。

本記事では、コンクリートブロックの基本知識を中心に解説します。

今後、外構リフォームを検討している方の参考になれば幸いです。

目次

外構コンクリートブロック塀の規定(建築基準法)

コンクリートブロック塀の設置は、以下の規定があります。

※ 建築基準法施行令第62条の8(へい)、平成12年建設省告示第1355号より。

  • 材料
  • 高さ
  • 厚さ
  • たて筋
  • 控え壁
  • 基礎

たて筋 〜 ブロック塀に対して、横からかかる力(地震や風)に耐えられるようにする大切な骨組み。

控え壁 〜 塀が風や地震で倒れないようにする役割がある。(補強用の壁)

基礎 〜 コンクリートブロック塀を支える役割がある。

全てを理解する必要はなく、本質は以下です。

外構コンクリートブロック塀の施工は、安全上の観点から建築基準法という守べきルールがある。

このルールを遵守して施工する必要があるということです。

3つの項目を解説します。

  • 規格
  • 用途
  • 強度

外構コンクリートブロックの規格

工業製品の規格である、JIS(日本産業規格)によって認定されているコンクリートブロックは以下の5つです。

参考程度の理解でOKです。

断面形状空洞ブロック
圧縮強さC(16)
化粧の有無素地ブロック
防水性普通ブロック
寸法許容差普通精度ブロック
工業製品の規格である、JIS(日本産業規格)によって認定されているコンクリートブロック

コンクリートブロックの素材にはモルタルが使用されており、空洞があるため「 建設用空洞ブロック 」とも呼ばれます。

空洞の箇所は、コンクリートブロックによって異なり、利用シーンごとに使い分けが可能です。

たとえば、穴が途中でふさがっている「 横型 」、サイズが半分の「 半ぎり 」など。

さまざまな形状のコンクリートブロックが利用されています。

外構コンクリートブロックの用途

コンクリートブロックは、以下のシーンで利用されます。

  • 門柱
  • 飾り壁
  • 土留
  • 花壇

コンクリートブロックにはグレーの普通ブロックと、色や塗装を施した化粧ブロックがあります。

普通ブロックは境界線や目隠しとして活用でき、化粧ブロックはワンポイントアクセントとして活用できます。

外構コンクリートブロックの強度

コンクリートブロックは、種類によって強度に差があります。

ブロック単体としては強度が低く、鉄筋を入れて積み上げることで強度が増します。

外構コンクリートブロックの素材を知る

外構リフォームの知識として、下記3つを知っておきましょう。

  • セメント
  • コンクリート
  • モルタル

セメント

セメントは粉末状の素材でして、粉末のままでは材料として使えません。

加工することで、材料として使えるようになります。

セメントを加工して作られた材料が、コンクリート、モルタルです。

コンクリート

セメント、砂、砂利、水を混ぜて作られるのが、コンクリートです。

水の量が少なければ、強度が増します。

モルタル

セメント、砂、水を混ぜて作られるのが、モルタルです。

砂利が含まれていません。

モルタルの深堀りは、別記事にて解説します。

外構コンクリートブロック塀の施工手順

コンクリートブロック塀はDIY可能とはいえ、初心者にはかなりハードルが高いので、外構業者に任せるのが理想的です。

工程をシンプルに解説します。

工程をイメージしておくだけでも損はしません。

【 手順 – 1 】モルタルで基礎づくり

溝を作り基礎を支える敷石を入れた上から、モルタルを流し込み、 太さ10mm or 13mmの鉄筋を通します。

【 手順 – 2 】1段目にコンクリートブロックを積む

モルタルが固まった後、1段目のコンクリートブロックを積みます。

鉄筋を通した一番下のコンクリートブロックを、5~10cm地中へ埋め込むことで、強度が増します。

すべての穴にモルタルを詰め、固まるまで待ちます。

【 手順 – 3 】ブロックを積み重ねて目地を整える

モルタルが固まった後、2段目を積みます。

2段目は横筋用ブロックを積み、たて筋と針金で固定。

たて筋の入った穴にモルタルを詰め、3段目以降を積む。

最上段の穴はモルタルで埋めたり、笠木で蓋をしたり。

これで完成です。

まとめ

本記事では、コンクリートブロックの基礎、DIYの施工手順を解説しました。

コンクリートブロック塀には、建築基準法における規定があり、守るべきルールがあります。

DIYによってコンクリートブロックの施工は可能ですが、外構業者への依頼がベストでしょう。

株式会社トップガーデンは、経験豊富な外構業者です。

コンクリートブロックを使用して「 高級感のある門柱にしたい 」「 飾り壁をおしゃれに仕上げたい 」などのご要望があれば、お電話やメール・LINEからお気軽にお問い合わせください。

トップガーデンの最高品質の技術によって、お客様が理想と感じる空間を創り上げるお手伝いをいたします。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次