【 誰でも簡単 】ベランダの排水溝詰まりの原因と掃除アイデア6選

  • URLをコピーしました!

家での生活で困ることの1つが、ベランダの排水溝詰まり。

ベランダの排水溝詰まりを放置すると、雨水の流れが悪くなり、雨漏りやサビ、カビの原因にもなります。

ですが、ご安心ください。

本記事では、排水溝が詰まる原因、手を汚さずに誰でも簡単に掃除できる方法を解説します。

目次

ベランダの排水溝詰まりを放置し続けるとどうなる?

雨漏りを起こす

ベランダの排水溝詰まりに気付かないでいると、台風などの大雨がキッカケで、部屋の中まで水浸しになる恐れがあります。

2階ベランダでそのような状況になった場合、階下まで雨漏りしてしまうことも。

これらの問題を防ぐためには、排水溝の掃除をこまめに行うことが大切です。

サビが発生する

排水溝は、雨水を外へと適切に流す役割を果たしています。

しかし、砂や泥により排水溝が詰まってしまうと、その機能が損なわれ、水の流れが悪くなるだけでなく、サビを引き起こす原因にもなります。

さらに、サビは水漏れを引き起こすリスクをもたらすため、排水溝が詰まっていないか定期的なチェックが必要です。

カビが発生する

排水溝は、雨漏りやベランダの床部分から水が染み出すのを防ぐ役割を果たしています。

掃除を怠ると、床や壁が腐り、大量のカビが発生する可能性があり、人体にとっても有害になることも。

健康被害を防ぐためにも、排水溝を常に清潔に保つことで、住まいも健康も守ることができます。

排水溝が詰まる原因は?

排水溝が詰まる原因は様々です。

例えば、砂や石、落ち葉やビニール袋が排水溝に引っかかったり、洗濯物を干す際に広がるホコリが溜まり続けることなどが要因となります。

手を汚さずにベランダの排水溝を掃除する方法

トングを使

ベランダの排水溝掃除にはトングが便利です。

手が直接ゴミに触れないため、衛生的に作業を行うことができ、詰まりの原因となるゴミを効果的にかき出すことができます。

ただし、深い部分にあるゴミを無理にかき出そうとすると、逆にゴミが奥へと押し込まれてしまう可能性あるため、掃除する際は十分に注意を払いましょう。

ラバーカップを使

出っ張りのないタイプの排水溝には、ラバーカップ(すっぽん)を使ってゴミをかき出す方法が効果的です。

特に、水が溢れているときに大いに役立ちます。

ラバーカップを排水溝に密着させ、押し上げるようにゴミをかき出します。

ただし、力任せにやると排水溝が破損する恐れがありますので、注意しましょう。

ワイヤーブラシを使う

市販のワイヤーブラシも排水溝の掃除に効果的です。

ブラシを使って汚れを押し込むことで、詰まりを解消することができます。

硬い針金を使うと排水溝を傷つける恐れがあるため、柔軟に曲がるタイプのワイヤーブラシがおすすめです。

このようなブラシは、通販で1,000円程度で購入可能です。

排水溝用洗浄剤を使う

排水溝清掃用洗剤は、汚れや油脂を分解して溝をキレイにします。

ただし、これらの洗剤は、溝やパイプの材質によっては使用できない場合もあります。

そのため、購入前に製品のラベルをよく確認し、対応している素材かどうかを確認することが大切です。

重曹と酢を使う

市販の洗浄剤を使用したくない場合、自宅にある重曹と酢を使う方法もあります。

まず、排水溝に重曹を振りかけ、次に酢を注ぎます。

これにより化学反応が起き、排水溝内の汚れを分解します。

その後、熱湯を流して洗い流します。

酢と重曹の組み合わせは、あくまで軽度な詰まりや汚れに対してのみ効果的で、深刻な詰まりは専門業者に依頼しましょう。

生分解性のパイプ洗浄剤を使う

環境に配慮したい場合は、生分解性のパイプ洗浄剤がおすすめです。

これらの洗剤は、排水溝の汚れを効果的に分解しながら、環境への影響を最小限に抑えます。

それでもダメな場合は業者に依頼!

排水溝詰まりを解消できない場合は、専門業者に依頼しましょう。

料金相場は?(目安)

10㎡(約6畳):約10,000円〜15,000円

20㎡〜30㎡(約12〜19畳):約25,000円

業者選びの基準は?

業者を選ぶ際は、作業内容を明確にしている業者を選ぶことが大切です。

料金が安い業者あであっても、作業中に追加料金が発生するケースもあります。

無駄な出費を避けるために、作業内容とトータル料金が明瞭な業者を選びましょう。

まとめ

ベランダの排水溝の詰まりは、「 雨漏り 」「 サビ・カビ 」の原因となるため、定期的なチェックと清掃が必要です。

こまめにメンテナンスをすることで、トラブルを未然に防ぐことができます。

本記事を参考に今日から掃除に取り掛かりましょう!

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次