オシャレな駐車場づくりはコンクリートがいい?アスファルトがいい?

  • URLをコピーしました!

駐車場は、外構工事の中でも特に重要視したい1つ。

人目につきやすい特性上、外観に与える影響も大きいからです。

本記事では、駐車場をオシャレにすべく、以下を分かりやすく解説します。

  • 駐車場づくりの素材選び
  • 駐車場づくりの費用
  • 駐車場づくりの注意点

オシャレな駐車場づくりには、素材選びがポイントです。

多種多様な素材の中からベストな素材を選び、デザイン性に優れた駐車場づくりを目指しましょう。

目次

駐車場づくりはコンクリート or アスファルト?

コンクリート

オシャレな駐車場を目指すのであれば、コンクリートがおすすめです。

アスファルトと違い、コンクリートはデザイン性が高く耐久性に優れています。

アスファルト

道路と同じ素材で、安く仕上がります。

しかし、年月の経過とともに、重みでヘコんでしまうデメリットがあります。

定期的にメンテナンスが必要で、費用もかかります。

オシャレな駐車場づくりを目指しているのに、見た目が黒く、ヘコみもできてしまうならば、わざわざアスファルトを選ぶ理由がありません。

外構のなかでも目立つ駐車場ですから、オシャレを意識してコンクリートを選ぶようにしましょう。

コンクリートの駐車場をオシャレにするには?

駐車場をコンクリートで舗装しただけでは、オシャレな駐車場にはなりません。

ひと手間加え、デザイン性を高めることでオシャレになります。

スリットのデザインを工夫する(相性のよい素材を組み合わせる)

スリット 〜 コンクリートのひび割れを防止するために作る目地(めじ)のことです。

目地(めじ)〜 レンガやコンクリートブロックの隙間・継ぎ目の部分。 

広い面積を舗装する場合、必ずスリットが用いられます。

スリットと相性の良い素材は、以下です。

  • タイル
  • 人工芝
  • 砂利
  • レンガ
  • ピンコロ

ピンコロ 〜 立方体に切り出された自然石。デザイン性に優れており、スリットと相性が良い。

コンクリート自体を加工してデザインする

スリット以外に、コンクリート自体を加工してデザインする方法があります。

たとえば、コンクリートに色を付けてブロック状に加工し、噛み合わせながら舗装する「 インターロッキング 」は、代表的な施工技術です。

刷毛引き(はけびき)、スタンプコンクリートのように、直接コンクリートに模様をつけて仕上げる技術もあります。

コンクリート駐車場づくり(施工デザイン費用)

コンクリート施工のデザイン費用は、希望するデザイン、組み合わせる素材により差があります。

デザイン性を意識した駐車場となると、平均20〜40万円が相場とされています。

コスト優先でシンプルに仕上げるのであれば、10万円前後に抑えることも可能。

とことん素材とデザインにこだわるのであれば、コストも比例するので相場の倍以上になる場合もあります。

広範囲にコンクリートを使うと費用が高くなるので、ほかの素材と組み合わせたデザインにすることで、比較的コストを抑えられます。

以下の3つは、素材のなかでも安い部類です。

  • タイル
  • 人工芝
  • 砂利

スリット 〜 直線に入れるスリットよりも、曲線でスリットを入れる方がデザイン性が高い分、コストも上がります。

コンクリート自体の加工 〜 手間とデザイン性が追及されるため、スリットよりも費用がかかる傾向にあります。

コンクリート駐車場づくり(注意点)

デザイン性や素材、耐久性と費用面のバランスを考えましょう。

すべてを妥協せずにいると、当然、費用は跳ね上がり大幅にコストがかかります。

バランスを見ながら妥協点を探り、予算内で選ぶのが合理的です。

見積もりは複数の会社に依頼するのがおすすめです。

外構業者や工務店、リフォーム会社など、複数のプロに見積もりを依頼することで、工事費用や条件面を比較でき、条件の良いベストな会社を選びやすくなります。

あとで後悔することがないよう、できるだけ多くの見積もりを取るようにしましょう。

まとめ

本記事では、オシャレな駐車場づくりのヒントをいくつか解説しました。

今後、駐車場リフォームを検討している方の参考になれば幸いです。

素材選びと、相性の良い外構業者を選定することが大切です。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次