【 初心者向け 】駐車場づくりはコンクリート一択な理由をプロが解説

  • URLをコピーしました!

駐車場をオシャレにリフォームしたいけれど、どうしたらよいのか分からない!と困った経験はないでしょうか。

車を持っている方であれば、駐車場は欠かせないものです。

住宅と統一感のあるデザイン性の高い駐車場は、外から見てとても素敵に映ります。

本記事では、コンクリートでオシャレな駐車場を作りたい方に向けて、駐車場の施工例や使用する素材、費用までを網羅的に解説します。(前回の記事よりも深堀り)

ぜひ最後まで目を通して、理想の駐車場デザインを考えてみてください。

あわせて読みたい
オシャレな駐車場づくりはコンクリートがいい?アスファルトがいい? 駐車場は、外構工事の中でも特に重要視したい1つ。 人目につきやすい特性上、外観に与える影響も大きいからです。 本記事では、駐車場をオシャレにすべく、以下を分かり...
目次

オシャレな駐車場づくりはコンクリート一択

オシャレな駐車場づくりは、素材によって決まります。

  • 駐車場の舗装に何を使うのか
  • どんな素材を用いるのか

これらの視点はとても重要です。

駐車スペースは面積が広く、外構イメージを大きく左右するからです。

住宅の雰囲気に合わせて、駐車場をオシャレに仕上げるには、駐車場を作る素材について知ることが大切です。

舗装方法や素材について具体的に解説します。

圧倒的にコンクリートがおすすめ

オシャレな駐車場を作るなら、アスファルトよりもコンクリートがおすすめです。

理由は2つあります。

  • デザイン性が高い
  • 耐久性に優れている

コンクリート舗装はデザイン性が高く、駐車場の印象を変えやすいです。

「 スリット 」と呼ばれる細い切れ込みの目地をデザインしたり、コンクリートの表面自体を加工したりして、デザイン性を高く仕上げられます。

耐久性に優れていることも、コンクリートの大きな特徴です。

コンクリートは経年劣化に強く、アスファルトにありがちな「 ひび割れ 」「 凹み 」「 舗装面の剥げ 」などの心配が不要です。

色もアスファルトほど黒くないので、輻射熱(ふくしゃねつ)による地表の温度上昇も防げます。

コンクリート舗装の駐車場は、アスファルトに比べてやや高価ですが、特別なメンテナンスが不要で半永久的に使用できます。

長期間使用することを考えるなら、圧倒的にコンクリートがおすすめです。

駐車場づくりの施工方法(2種類)

コンクリートの駐車場をオシャレするには「 スリットの設置 」「 コンクリート自体の加工 」の2つの施工方法があります。

スリットの設置

スリットの設置とは、スリットデザインを工夫し、ほかの素材と組み合わせる方法です。

スリット 〜 駐車スペースの路面に設置された溝や切れ込みのことです。

雨水の排水や、コンクリートのひび割れ予防などの目的で設けられるものですが、スリットを意識すると、デザイン性に富んだ駐車場になります。

スリットに入れる素材は、砂利、芝生、レンガ、インターロッキングなどです。

コンクリートと相性の良い素材を組み合わせることで、ナチュラルからシックまで、さまざまな印象を与えられます。

コンクリート自体を加工する

ナチュラルな風合いに仕上げる「 洗い出し 」や、型で天然石やタイルなどの模様をつける「 スタンプコンクリート 」が挙げられます。

コンクリート自体の加工は、スリットよりもコストがかかります。

デザイン費用は施工パターン次第

コンクリート駐車場のデザイン費用は、スリットのパターンや組み合わせる素材、施工方法によって変わります。

コスト面を考慮しつつ、雰囲気に合った舗装方法を選びましょう。

スリットには、直線・曲線・斜線の3つの種類があります。

直線スリット

一般的には、直線スリットの施工が多いです。

曲線スリット

曲線スリットには型枠を曲げる作業があり、通常よりコストが上がります。

斜線スリット

斜線スリットであれば、追加コストなしで施工が可能です。

目地が直線のため、曲線スリットと違い、使う素材もレンガやピンコロなど幅広く使用できます。

施工費用は組み合わせる素材によっても変動します。

よく使用される素材は、次の5つです。

  • 砂利
  • 芝生
  • レンガ
  • インターロッキング
  • ピンコロ

インターロッキングは、レンガ調のコンクリートブロックを配置した洋風の舗装材。

ピンコロはキューブ状の石材を並べて使う舗装材。

レンガ・インターロッキング・ピンコロは、デザイン性に富み高級感が出ますが、砂利や芝生と比べて割高です。

コンクリートで駐車場を作るときの注意点

コンクリート駐車場を作る際には、デザインはもちろんのこと、メンテナンスや耐久性、費用のバランスを考えて選択することが重要です。

駐車場は普段の生活の中で使うものです。

掃除や管理といったメンテナンスのしやすさ、経年劣化しない耐久性、そして実際にかかる施工費用などを総合的に考えましょう。

見た目だけにこだわらず、機能性と費用のバランスを検討することが必要です。

外構工事の依頼をするときには、複数の業者に見積もりを取ることは必須です。

比較検討した上で、納得のいく駐車場を作りましょう。

まとめ

コンクリートでおしゃれな駐車場にする方法を解説してきました。

駐車場は舗装方法や使用素材によって見た目はもちろん、耐久性や管理のしやすさ、工事費用まで大きく変わってきます。

長期的なメリットやデメリットも踏まえて、住宅に最適な駐車場のデザインを選択することが大切です。

コンクリート駐車場は劣化に強くデザインの自由度も高いため、人気のある舗装方法です。

舗装部分のデザインにこだわって、自分仕様のコンクリート駐車場を作ってみてください。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次