【 費用を抑えるコツ 】コンクリート外構の相場を詳しく解説!

  • URLをコピーしました!

外構工事は、建物本体を除くエリアの工事を指し、コンクリートを使用した主な作業は、庭・駐車場・フェンスなどがあります。

本記事では、コンクリートを用いた外構工事の費用相場と節約方法を、プロの専門業者が解説します。

目次

コンクリート外構工事の相場

駐車場

駐車スペース1台分の外構工事におけるコンクリート費用は、以下の内訳となります。

  • 施工位置を定める丁張り費用
    約5,000円
  • 地面の掘削と砕石(重機使用)
    1㎡あたり600~1,200円
  • 残土処分費
    1㎡あたり500~3,000円
  • 生コンクリートの土間枠設置
    1㎡あたり約900円
  • コンクリート補強のワイヤーメッシュ敷き
    1㎡あたり約900円
  • 刷毛引き仕上げ費用
    1㎡あたり約400円
  • 重機改装費
    約25,000円

これらの内訳に基づき、1㎡あたりのトータル費用は、平均15,000円を予算として考えていきましょう。

庭の外構工事におけるコンクリート費用は、庭の広さ、コンクリートの厚さ、鉄筋の有無などの要素によって異なります。

一般的なコンクリートの厚さは60mmまたは120mmで、それぞれの費用相場は以下の通りです。

60mm(コンクリートの厚さ)3,400円程度(1平米あたりの費用)
120mm(コンクリートの厚さ)5,700円程度(1平米あたりの費用)

さらに細かな雑費が加わりますが、一般的な相場は全体で約19万円~40万円程度とされています。

塀・フェンス

コンクリートブロック塀の新設においては、一般的に1㎡あたり約17,000~25,000円程度となります。

既存の塀がある場合、この費用に加えて、撤去や残土処分の費用が追加されることに注意してください。

交通状況によっては、交通整備員の人件費も発生することがあります。

コンクリート外構(費用を抑えるコツ)

他の外構工事と併用する

コンクリート外構工事を必要な部分に限定し、他の部分は別の方法で舗装することで費用を抑えることができます。

例えば、車のタイヤが乗る駐車スペースの部分をコンクリートで強化し、それ以外の範囲は砂利を使って対応する方法があります。

このように、強度が必要な部分にはコンクリートを用い、そうでない部分には他の素材を使用することで費用の節約が可能です。

無駄な費用を削減する

無駄な費用を削減することで、コンクリート外構費用を抑えることができます。

庭などエクステリア全般を舗装する場合、専門性と安全性が求められる部分は専門業者に任せるべきです。

しかし、花壇やポストなど、自身で整備可能な部分は自前で行うことでコストを抑えられます。

ホームセンターやインターネットショッピングなどで、必要な道具や資材を一式揃えることができます。

時間と手間をかけることで、専門業者に依頼することなく工事費用を節約できます。

見積もりを比較する

外構工事コンクリート費用を抑えるためには、複数の業者から見積もりを取得し、比較検討することが重要です。

その理由は、主に以下の3つです。

  1. 同じ敷地条件でも、業者ごとにデザインが異なる。
  2. 同じデザインでも、業者によって価格が異なる。
  3. 同じ価格でも、業者によって工事の質が異なる。

上記の違いを比較検討するために、複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

まとめ

外構コンクリート費用は、施工内容や面積だけでなく、業者の価格設定や物価によっても変動が大きいです。

そのため、費用を抑えるには必要な部分にだけお金をかけ、不要な部分はコストカットすることが重要です。

自分では判断できない部分は、専門業者に相談することが不可欠です。

信頼できる専門業者を選ぶためにも、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

見積もり時の対応を通じて、施工時の仕事ぶりも推測でき、施工後のトラブルを防ぐことができます。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次