【 プロの外構業者が解説 】フェンス工事の施工費用と価格相場は?

  • URLをコピーしました!

住まいのエクステリアとして定着しつつあるフェンス工事。

目隠でプライバシーを確保したり、防犯性を高めたり、自宅をオシャレに演出したりと、さまざまな用途で活用されています。

本記事では、フェンス工事の相場と特徴を解説していきます。

工事費、施工費といった業界で使われる用語が登場しますが、費用の違い等については別記事で詳しく解説していきます。

目次

フェンス(素材の種類と価格相場)

一般的な自宅に設置されるフェンス素材の種類は、以下です。

  • アルミ
  • スチール
  • ウッド
  • メッシュ
  • 竹垣
  • スケルトン

各素材により価格差があり、使用する素材で価格が変動します。

各素材の相場は以下です。

スチールメッシュフェンス5,000〜10,000円 / 1m
アルミ素材フェンス10,000〜60,000円 / 1m
木目調フェンス10,000〜30,000円 / 1m
ウッドフェンス30,000〜40,000円 / 1m
竹垣フェンス15,000〜30,000円 / 1m
鋳物フェンス20,000〜30,000円 / 1m

実際の設置工事では、素材の本体価格に工事費用がプラスされます。

工事費には人件費、運搬費などが含まれ、業者により価格が異なるため注意が必要。

相場を事前に把握しておくことで、交渉もスムーズに進み、業者から不当な価格を提示された場合でも、正しい相場をベースに交渉することが可能です。

施工費は、材料費を含まない工事にかかる技術的な費用のみを指す場合が多い。

木製フェンス(価格相場と特徴)

木製フェンスの価格相場

一般的な住宅でもよく導入されている木製フェンス。

木製フェンスを自宅に設置する場合の費用は、本体価格+施工費用です。

木製フェンスの種類により差はあるものの、本体価格は、平均1万円~4万円(1mあたり)。

仮に10mの木製フェンスを新設する場合、トータル費用は15万円~40万円前後になります。

施工費用は業者によりバラつきがあり、追加で工事費が必要になる場合は、その費用もプラスされるため、その部分も含めてシミュレーションすることが大切です。

工事費には人件費、運搬費などが含まれ、業者により価格差があるため注意が必要。

木製フェンスの特徴

自宅で設置される木製フェンスは、自然素材を生かした外観が特徴。

木材の種類により色味や木目が異なるため、自分好みのデザインをチョイスできます。

木製フェンスの種類は以下です。

  • ソフトウッド
    (耐久性が弱く短期間で劣化しやすい)
  • ハードウッド
    (耐久性が高くメンテナンスは簡単)
  • 樹脂木、人工木
    (見た目が画一的になりやすい)

木製フェンスは全般的にデザイン性が高く、外壁や庭などにも調和しやすいため、自宅の外観をオシャレに演出できるメリットがあります。

ネットフェンス(価格相場と特徴)

ネットフェンスの価格相場

一般的なネットフェンス相場は、20万円~40万円前後と言われています。

ネットフェンスを自宅に設置する場合、距離や高さにより施工費用が変わるため、業者に依頼する際には細かいシミュレーションが必要。

塗装などのオプションをつける場合、塗料の種類によっても価格が変動します。

ネットフェンスの新設には独立基礎ブロックの設置が必要となり、基礎工事にあたり人件費・運搬費等がプラスされます。

ネットフェンスの工事では、

  • フェンスの距離・高さ
  • 独立基礎ブロックの個数
  • オプションの有無

といった具合に、項目別に相場をリサーチし、トータルコストを考えるのがオススメです。

ネットフェンスの特徴

ネットフェンスは、金網を編み込んだ構造で、塗装やメッキ加工により耐久性が高い。(衝撃にも強い)

長い外周の敷地にも対応可能であり、施工も簡単なフェンスとして知られています。

しかし、基礎工事や支柱の設置がやや複雑になるというデメリットがあります。

ネットフェンスは、耐久性や視認性に優れたフェンスですが、定期的なメンテナンスが必要なることを覚えておきましょう。

工事フェンス(価格相場と特徴)

工事フェンスの価格相場

一般的な工事フェンスの価格相場は、以下です。

  • 本体価格(5千円 ~ 6万円 / 1mあたり)
  • 施工価格(7千円 ~ 3万円 / 1mあたり)
  • コア抜き工事価格(5万円~10万円 / 1mあたり)

本体価格、工事価格ともにバラつきがあるのは、素材や業者による差だと考えてください。

コア抜き工事は、ブロック塀の上にフェンスを設置する場合に必要となる工事。地面に直接、基礎ブロックを埋め込む場合は必要なし。

工事フェンスの特徴

住宅用フェンスのうち、主に防犯・プライバシー保護の目的で導入されるのが工事フェンスです。

工事フェンスの多くは金属で作られるため、錆びたり劣化したりしない限り、半永久的に使い続けられます。

構造が単純で設置工事も簡単なため、目隠し用として設置する家庭も少なくありません。

フェンス工事を業者に依頼する際の注意点

施工価格と品質のバランス

フェンス工事を専門業者に依頼する場合、価格と品質のバランスに目を向けることが大切です。

工事費用の安さを意識して業者を選んでしまうと、工事の品質が低かったり、理想のイメージとズレていたりと、納得できない部分が後から出てきてしまう可能性もあります。

トータル費用が相場より少し高かったとしても、見積書を丁寧に作成し、アフターフォローまで対応してくれる業者であれば、信頼関係が深まります。

施工価格が相場より高い・低い場合(対処法)

業者によっては、相場よりも施工価格が高かったり、低かったりする場合があります。

見積書の価格が相場よりも高かった場合、「 なぜこの価格になるのか 」を丁寧に説明してもらうことが大切です。

施工価格が相場より低かった場合、見積書の項目を確認し、「 必要なプロセスを省いていないか 」「 材料費を必要以上に安く抑えていないか 」を丁寧に確認していくのがポイントです。

まとめ

フェンス工事を専門業者に依頼する際は、相場を事前に把握しておくことで、トータル費用を細かくシミュレーションすることが可能です。

優良な施工業者を見極めることにも繋がり、工事後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

工事を依頼する前には、業者の実績や口コミをチェックし、相性の合う業者をピックアップしておくことが大切です。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次