【 手っ取り早く設置 】庭の置くだけ目隠しフェンス5選

  • URLをコピーしました!

目隠しフェンスを設置したいけれど、その効果や価格に悩んでいる方へオススメするのが、置くだけタイプの目隠しフェンスです。

安価で手に入り、工事も不要なので、ひとまず手軽に試してみることができます。

外観やインテリアと組み合わせて、コーディネートをしながら、検討を重ねた後に、本格的に施工したい、という方にもオススメです。

本記事では、選び方のポイントとともに、5種類の置くだけ目隠しフェンスを紹介します。

目次

置くだけ目隠しフェンスの魅力

置く型の目隠しフェンス、その大きな魅力は、組み立てと設置が簡単なことです。

置いて杭や釘を打つだけで、設置完了です。

安価でデザインも豊富なため、買い替えやストックを求めやすく、そのときの気分や目的に合わせて、選ぶことができます。

敷地の境界線や玄関のほか、外からの視線が気になる場所におくだけなので簡単、さらに家族のプライバシーを守ることができて安心ですね。

フェンス選びの3つのポイント

置くだけ目隠しフェンスを選ぶ際のポイントは、

  • 素材(樹脂、天然木、人工木、アルミなど)
  • 高さ(150~180センチ程度)
  • どの程度の範囲を隠すか

の3つです。

メンテナンスの手間を省きたければ樹脂製、軽さを重視するならばアルミ製というように、目的や好みに応じて選びましょう。

高さも、目的と場所によって選ぶと良いでしょう。

また、どの程度の範囲を隠したいのかを、きちんと把握しておきましょう。

置くだけ目隠しフェンス5選

置くだけ目隠しフェンスには、多種多様なバリエーションがあります。

ここでは、5つのタイプを紹介します。

アルミフェンス

とにかく安く買いたいという方には、お手軽なアルミフェンスがオススメです。

数千円から手に入り、軽いので持ち運びも楽。アルミフェンスの特徴は、衝撃や熱に強く耐朽性に優れていること。

専用のスタンドを付けると、移動式のアルミフェンスにもなり、場所が定まってから固定することも可能です。

プランター付きフェンス

プランター付きの目隠しフェンスは、ガーデニングにも最適です。

プランターに土を入れることで、土台が安定し、フェンスを支えてくれます。プランターは、植木を入れたり、ガーデニング用品の収納としても使えますね。

フェンスの部分に、鉢などを掛ければ、華やかな空間を演出してくれるので、お庭やベランダ、玄関など、人目に付く場所にオススメです。

ベンチ付きフェンス

目隠しにもなり、お庭でリラックスもできるフェンス。

ベンチのボックス部分が、収納やプランターとしても使用できるので、一石二鳥ならぬ一石三鳥ですね。

フェンス部分をルーバータイプにすると、日差しを防いでくれるので、紫外線対策としても役に立ちます。

木目調フェンス

置くだけフェンスは、持ち運びが簡単なので、室外だけでなく室内でも兼用できます。

玄関先に設置して、外からの視線を遮ったり、室内のパーテーション(間仕切り)としても活用できます。

ナチュラルな色合いの木目調は、リビングなどに設置しても温もりが感じられ、また、外からの光も遮断しないため、室内が暗くなる心配もありません。

植物のカーテンフェンス

つる性の植物をネットに絡ませながら、緑のカーテンを作り出します。

目隠し効果はもちろん、夏日には、室内の温度を抑えてくれます。

結束バンドで簡単に設置することができ、場所に応じてカットしながらサイズを調整できるのが魅力です。

家やマンションなど環境を選ばないのも良いですね。

利用上の注意点

置くだけフェンスは、置くだけで設置ができる反面、強風によって転倒してしまうリスクがあります。

また、コストが安い分、経年劣化も逃れられません。

もしも、常設したい場合は、初期費用はかかりますが、コンクリートで固定する施工型の方がメリットが大きい場合もあります。

持ち運びが便利である利点を活かして、必要な時だけ使うなど、工夫することが大切ですね。

まとめ

本記事では、置くだけ目隠しフェンスの選び方と、代表的なタイプを紹介しました。

置くだけ目隠しフェンスは、設置が簡単で入手しやすい反面、転倒のリスクもあります。

使用目的や用途に応じて選び、安全対策もきちんと行った上で、効果的に活用しましょう。

あわせて読みたい
【 知らなきゃ損 】目隠しフェンス選び(4つのポイント) 2023年に出版された、世界的な有名作家・村上春樹の「 街とその不確かな壁 」では、街と外の世界を隔てる堅牢な壁が、重要なモチーフとして描かれています。 外からの視...
あわせて読みたい
【 入門編 】目隠しフェンスの基礎知識 、メリットと魅力を知ろう 半世紀以上前の短編ディズニー映画「 ドナルドの決闘(1953)」は、隣人トラブルがもとで、お互いの家のフェンスをどんどん高く設置していくという話でした。 お庭...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次