【 外構エクステリア 】目隠しフェンスの素材と種類を解説

  • URLをコピーしました!

目隠しといえば、スイカ割りの時のように、布などで目を覆って見えないようにすること(もの)を連想しますよね?

ところが、外構・エクステリア用語で「 目隠し 」といえば、外からの視線をカバーするために覆い隠すことを指し、目隠しフェンスが、その目的を果たすための代表的なアイテムです。

本記事では、自宅に合った目隠しフェンスを選ぶための、種類や特徴について解説します。

目次

目隠しフェンスの素材

目隠しフェンスの素材と特徴を把握することで、フェンスを選ぶ際に、目的に合ったものを探しやすくなります。

目隠しフェンスの主な素材は、以下の4つです。

  • アルミ
  • 人工木
  • スチール
  • 樹脂

それぞれの素材のメリットとデメリットを解説します。

アルミの目隠しフェンス

アルミの目隠しフェンスは、強度が高いのが特徴です。

メリットは、

  • 加工しやすい
  • 軽量
  • 耐久性
  • 色や種類のバリエーションが豊富

という点にあります。

デメリットは、シンプルなので、ありきたりなデザインになりやすいことです。

しかし、スタイリッシュでシンプルな点は、お庭のタイプに合わせて選びやすいという魅力にもなりますね。

人工木の目隠しフェンス

人工木とは、樹脂と木粉を混ぜ合わせて、木に似せて作られたものです。

人工木フェンスの特徴は、見た目の良さや維持のしやすさにあります。

メリットは、

  • 水に強く掃除がしやすい
  • 耐久性
  • メンテナンスが楽
  • ナチュラルさと温もりがある
  • 腐食しにくい

という点です。

デメリットは、熱がこもりやすく年月が経つと変色しやすいという点にあります。

防犯や安全性にも優れていて、外観が美しいため、素材選びに迷っている方にはオススメです。

樹脂の目隠しフェンス

樹脂のフェンスは、人工木よりも自然に近い形で設置したい場合に、オススメです。

人工竹垣などが一般的です。

メリットは、

  • 雨風に強い
  • 腐食、変色しにくい
  • メンテナンスが楽
  • 統一感がある

などが挙げられます。

デメリットは、コストが高く傷がつきやすい点です。

しかし、見た目も劣化しにくく、和風の庭には相性がピッタリです。

スチールの目隠しフェンス

スチールフェンスは、アルミよりも耐久性があり、網目状のものが一般的です。

メリットは、

  • 衝撃に強い
  • 耐久性
  • 通気性
  • 開放感
  • コスパが良い

という点です。

デメリットは、見通しが良すぎて庭が丸見えになることです。そのままでは目隠しの効果が得られないので、つる性の植物をはわせたり、ハンギング鉢をかけたり、緑を活用すると良いでしょう。

目隠しフェンスの種類

目隠しフェンスの種類には、

  • 横格子
  • 縦格子
  • ルーバー
  • ラティス
  • 列柱

などがあります。

それぞれの特徴を解説します。

横格子フェンス

フェンスの板が横に貼られたタイプを、横目隠しフェンスと呼びます。

特徴は、プライバシーが守られ、お家の外観に合わせやすいという点です。注意点としては、圧迫感を覚えやすく、光や風が通りにくいため、隣家との境界線など、もともと光が届きにくい場所に設置すると良いでしょう。

縦格子フェンス

縦目隠しフェンスは、横に比べてスッキリした印象があります。光や風を通しやすいのが特徴です。

縦にパネルが設置されているので、防犯性も高く、小さなお子さんが登って転落する事故などの防止にもなります。

ルーバータイプ

ルーバーとは、鎧戸、ガラリ戸のように、細長い板を隙間なく並べた状態を指します。

ルーバータイプのフェンスは、通風性や採光性にも優れていて、縦なら和風の家、横なら洋風の家によく合います。

ラティスタイプ

ラティスタイプとは、格子状に作られた木製の目隠しフェンスです。目隠しどは高くないですが、オシャレな演出がしやすいのが特徴です。

圧迫感が少なく通風性と採光性にも優れているので、ガーデニングにも適しています。

列柱タイプ

列柱は角柱とも呼ばれ、柱を数本並べるタイプの目隠しです。

植物と組み合わせて、オシャレな外観にアレンジするには最適です。

その反面、目隠し効果は低く、角柱の高さや間隔を検討する必要があります。

まとめ

本記事では、目隠しフェンスの4つの素材と、5つの種類を紹介しました。

多種多様なため、目的に応じたフェンス選びを心がけたいですね。

見た目だけで選んで失敗してしまったり、どう選んでいいか決められないというケースもあるでしょう。

そんな時は、プロの業者に相談するというのも、一つの方法です。

あわせて読みたい
【 DIY術 】庭の目隠しフェンスを設置するコツ(基本編) あなたは、日曜大工やDIYは得意ですか? 目隠しフェンスを設置したいけれど、コストが心配だという方には、DIYをするという方法もあります。 本記事では、目隠しフェン...
あわせて読みたい
【 手っ取り早く設置 】庭の置くだけ目隠しフェンス5選 目隠しフェンスを設置したいけれど、その効果や価格に悩んでいる方へオススメするのが、置くだけタイプの目隠しフェンスです。 安価で手に入り、工事も不要なので、ひと...
あわせて読みたい
【 知らなきゃ損 】目隠しフェンス選び(4つのポイント) 2023年に出版された、世界的な有名作家・村上春樹の「 街とその不確かな壁 」では、街と外の世界を隔てる堅牢な壁が、重要なモチーフとして描かれています。 外からの視...
あわせて読みたい
【 入門編 】目隠しフェンスの基礎知識 、メリットと魅力を知ろう 半世紀以上前の短編ディズニー映画「 ドナルドの決闘(1953)」は、隣人トラブルがもとで、お互いの家のフェンスをどんどん高く設置していくという話でした。 お庭...
あわせて読みたい
【 プロの外構業者が解説 】フェンス工事の施工費用と価格相場は? 住まいのエクステリアとして定着しつつあるフェンス工事。 目隠でプライバシーを確保したり、防犯性を高めたり、自宅をオシャレに演出したりと、さまざまな用途で活用さ...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次