意外と知られていないガレージとカーポートの違いをプロが解説!(おすすめ3選)

  • URLをコピーしました!

あなたはガレージとカーポートという言葉を聞いて、違いを説明できますか?

即答できたあなたは、素晴らしい!

本記事では、意外と知られていないガレージとカーポートの違い、おすすめガレージ3選を紹介します。

目次

ガレージとカーポートの違い

ガレージを安く建てるには、事前の予備知識が必須です。

ガレージ

屋根と柱だけではなく、3方向以上を壁で覆うタイプのものです。

シャッターや扉で閉められるため、雨・風・雪や直射日光に影響されず、車を綺麗に保てます。

防犯性も高く、盗難防止面で優れています。

デメリットは、ある程度のスペースが必要になる点。(カーポートと比較した場合)

カーポート

柱と屋根で覆われ、壁がないタイプのものがカーポートです。

設置スペースがそれほど必要とされず、雨・風・雪から車が守られ、撤去がしやすいというメリットがあります。

デメリットは、大型の台風や強風に弱く、倒れやすい点。

壁に覆われていないため、防犯性はやや劣ります。

おしゃれなガレージ選びのコツ

ライフスタイルに合ったガレージを選定すること、実績豊富な業者選びがポイントです。

自社で施工可能な外構業者であれば、費用を安く抑えられます。

ガレージは大型の建物であるため、外構業社側から下請け業者側へ再委託しないと取り扱えないケースがあります。

再委託のケースは、中間マージンが発生し、費用が高くなってしまいます。

おしゃれで機能的なガレージ3選

アメリカンガレージや、おしゃれで機能性が優れているガレージを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※ お住まいの自然環境によって、必要な耐久性や機能性が異なります。

ヨドコウ「ラヴィージュⅢ」

公式サイト

カラーは3色で、さまざまな景観に馴染みます。

素材はガルバリウム鋼板で、通常の3〜6倍の耐久性。

サビに強いことから、沿岸沿いの方にはおすすめです。

車を2台に増やしたい、バイクや自転車を綺麗に保ちたい。

そんな要望にも柔軟に対応でき、価格が抑えられるのは嬉しいですよね。

オプション数も豊富なため、ご自身の予算と生活スタイルに合わせて選べる点も魅力的。

イナバ物置「アルシア」

公式サイト

シンプルで上質なデザイン(高級感あり)、自宅の外観をおしゃれで上品に演出するガレージです。

内部の空間にもこだわりがあり、カスタマイズ可能。

2種類あり、ご自身の生活スタイルに合ったガレージを選べます。

シャッタータイプが標準装備されており、開閉時のスピードが早い。

音も静かなため、早朝や深夜に起動しても気にならないのは魅力的。

豪雪型のモデルもあり、積雪が多い地域の方におすすめなガレージです。

イナバ物置「ブローディア」

公式サイト

開口が「 オーバースライドタイプ 」「 シャッタータイプ 」の2種類から選べます。

1枚扉でゆとりのある大開口、車の出し入れがしやすいのは魅力的。

車2台分の駐車スペースがあり、余ったスペースで車をイジったり、バイクや自転車の収納ができたりします。

見た目がスタイリッシュで、さまざまな外構デザインにマッチします。

豪雪型タイプもありますが、寒冷地では、氷結や凍結の影響で開閉中に停止する場合があります。(凍結した際の対応が大変)

比較的暖かい地域にお住まいの方におすすめ。

まとめ

あわせて読みたい
【 初心者必見 】オシャレなガーレジを安く建てる方法を解説! ガレージは、家の印象を大きく変えます。 オシャレなガレージに憧れているものの、イマイチ費用相場感がピンとこない。 そう思っていませんか? オシャレなガレージづく...

本記事では、意外と知られていないガレージとカーポートの違い、おすすめガレージを3つ紹介しました。

あなたのライフスタイルや予算、車種を考慮し、最適なガレージを選びましょう。

ガレージ施工は、実績豊富な外構業社への依頼がベストです。

あわせて読みたい
【 意外と知らない 】カーポートの積雪強度はどうやって確認しているのか? カーポートのカタログを手に取ると、その強度の区分が積雪量を基準にしていることが分かります。 「 積雪20センチ 」「 積雪50センチ 」といった表記が、その強度を示す...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次