タイルで庭をリフォームする費用相場は?メリット&デメリットを解説!

  • URLをコピーしました!

お庭が素敵な住宅に、誰しも一度は憧れます。

新築やリフォームで庭づくりを考える際、庭タイルが候補にあがるのではないでしょうか。

庭タイルの費用はどれ位なのか?

庭タイルのメリットは何なのか?

気になるポイントですよね。

本記事では、庭タイルの施工費用をはじめ、庭タイルの魅力とメリットを詳しく解説します。

家族と過ごす理想のお庭をイメージしながら、チェックしてみてください。

目次

タイルで庭をリフォームするなら

庭タイルの魅力とメリット

タイルが敷かれた庭は、スタイリッシュで高級感がありまよね。

庭タイルは、種類が豊富です。

自然やモダンテイストなど、選ぶタイル次第で、庭の雰囲気がガラっと変わります。

色や素材で個性を引き出せるのも魅力の1つです。

庭タイルは見た目をよくするだけでなく、耐久性に優れており、メンテナンスの手間が少ないというメリットがあります。

汚れにくく、ブラシの水洗いで掃除が楽であり、実用性も兼ね備えています。

タイルを敷くことにより、雑草が生えにくくなるのも嬉しい特徴ですね。

エクステリア&ガーデン設計(施工の重要性)

エクステリアは、安全性や快適性を考えた設計が大切です。

建物を含めた敷地全体をトータルデザインすることで、建物の魅力を何倍にも引き立ててくれます。

エクステリアで生活空間が広がり、豊かで快適な暮らしが実現できるでしょう。

エクステリアは防犯面で大切な役割を果たすため、立地や周辺の環境を考慮し、防犯対策を視野に入れた設計も大切です。

新築を計画する際、予算の都合上、後回しになりがちなエクステリアですが、建物との統一感や防犯面を考え、早い段階で計画しておくことがポイントです。

庭タイルの種類と特徴

庭タイルには、どのような種類や特徴があるのか?

あなたの実現したい庭をイメージしながら、庭タイルを選ぶ参考にしてみてください。

レンガタイル(レトロな雰囲気)

レンガタイルは、本物のレンガではありません。

大きく3種類の素材に分けられます。

陶器質タイル(レンガに近い質感と外観)陶土や石灰など吸水性は高め
磁器質タイル(表面に光沢あり)石灰や長石など吸水性は低い
せっ器質タイル
陶器質&磁器質の中間の性質で強度あり)
粘土や長石など吸水性は低め

レンガに似せて作られたセメント製のブリックタイルを、レンガタイルと呼ぶことがあります。

質感はレンガに似ていますが、本物のレンガより軽く施工しやすいのが特徴です。

庭タイル

庭タイルの種類は、形や素材が豊富です。

  • 角型タイル(一般的)
  • サークル型(並べると円形)
  • ウッド調タイル(樹の温かみ)

テイストに合ったタイルが必ず見つかるでしょう。

※ サークル型のタイルは、主に中庭で使われています。

豊富な種類の中からタイルを選ぶ時間を、家族と楽しみましょう。

中庭タイル

庭タイルと同様、種類やデザインが豊富です。

  • タイルデッキ(火に強い)
  • タイルテラス(火に強い)

上記のデッキがあることで、家族や友人とBBQを楽しめるのも魅力です。

庭タイルの施工費用と相場

庭タイルの施工費用は、どれ位なのか?

実際に使用するタイルや庭の状態、設置場所によって費用は異なります。

相場を知ることは、庭タイルを施工する際の目安になるため、ぜひ参考にしてください。

庭タイルの費用

庭タイルの施工費用は、平方メートルあたりの単価で決められています。

設置するタイルの価格で費用は異なります。(基礎工事も必要)

すべての総額が、施工費用になります。

庭タイル張りの費用

庭にタイルを使って通路を作ることを、庭タイル張りといいます。

庭タイル張りの費用は、平方メートル約20,000円~30,000円が相場です。

撤去や処分、モルタル敷き、敷石などの基礎工事が必要な場合、別途費用がかかります。

基礎工事の相場は約4,000円です。

タイル庭の費用

タイル庭の施工費用は、平方メートルあたり約12,000円~15,000円が相場です。(基礎工事も必要)

モルタル敷きや砕石などの基礎工事は、約4,000円が相場です。

庭タイル費用(ポイント)

庭タイル費用を把握するためには、タイルを設置する箇所の面積を測定します。

面積で必要なタイル量が予想できます。

タイルの量と種類を決めて、事前にタイル価格を調べておきましょう。

工事費用は施工業者や庭の状態によって異なるため、複数の施工業者へ見積もり依頼することをオススメします。

まとめ

庭づくりに必要な費用はイメージできましたか?

本記事を参考にし、家族が集う理想の庭づくりを実現させてください。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次