犬走りって何?設置費用とメリットをプロの外構業者が解説!

  • URLをコピーしました!

犬走りとは、住宅や建物の外壁周囲1m程度の範囲に作られた通路を指します。

犬が走れる程の幅しかないため、犬走りと呼ばれています。

この用語を初めて聞く人も多いのではないでしょうか。

自宅に犬走りを設置することで、以下の効果に期待できます。

  • 外壁保護
  • 害虫の侵入防止
  • 防犯性向上

本記事では、プロの外構業者による犬走りの設置方法や、費用の相場について解説します。

目次

犬走りとは?

犬走りは、人が通る目的ではなく、雨や泥の跳ね返りによる外壁汚れを防ぐために作られています。

もともと雨樋(あまとい)のない日本家屋で用いられ、現在でも一戸建ての外壁保護やエクステリアとして活用されています。

犬走りのメリット

犬走りが一般住宅にもたらすメリットについて、以下で詳しく解説します。

  • 外壁保護
  • 害虫が屋内に侵入するのを防ぐ
  • 防犯性の向上

犬走りの設置により、雨水や泥が外壁を汚すのを防ぎ、敷地内を歩く際に汚れを気にせずに済みます。

地面がコンクリートや砂利で覆われるため、雑草が生えにくくメンテナンスが容易になります。

特に砂利の犬走りは、歩く際に大きな音がするため、防犯効果も期待できます。

コンクリートの犬走りでは、ひび割れが発生し、それが原因でシロアリが建物内に侵入することがあります。そのため、定期的なチェックが重要です。

エクステリアとしての役割

犬走りは実用性だけでなく、エクステリアとしての役割も持っています。

住宅や庭の雰囲気に合った犬走りを設置することで、住まいがオシャレに見え、エクステリアとしての役割も果たします。

犬走り(おすすめ素材)

砂利

砂利は、より自然なデザインの犬走りにオススメです。

地面を数cm掘り返し、スペースを作り、雑草防止シートを敷いた後、砂利を埋めます。

砂利製の犬走りのメリットは、DIYしやすく費用を抑えられる点です。

さらに、コンクリートより手軽に作成できるため、自身で設置することも可能です。

砂利の犬走りでは、野良猫や小動物による糞尿、害虫による被害が発生する可能性があるため、定期的な清掃が必要です。

砕石(さいせき)

砕石は、砂利と同様に足音が響くことで防犯効果があり、水はけが良くなるというメリットがあります。

コンクリート

コンクリートは、安定感のある犬走りを設置する素材としてオススメです。

土を掘り返し、砂利を敷き詰めて土台を安定させ、その後、型枠にコンクリートを流し込みます。

更なる安定性のため、鉄筋で編まれたメッシュと呼ばれるベースを固定することもあります。

コンクリート製の犬走りは、雨水をはじき、歩きやすいというメリットがあります。

工事品質によってはひび割れが発生しやすく、その結果、害虫の温床となってしまう可能性もあるため注意が必要です。

レンガ

レンガ単体では安定性が十分でないため、コンクリートを敷き詰めた後にレンガを配置します。

「 全面コンクリートにするにはコストが高い 」

そのように考える方には、ピッタリの素材です。

DIYで犬走りを作るコツ

DIYで犬走りを設置するには、以下のステップが必要です。

  1. 基礎を作る
  2. 材料(砂利・コンクリート)を敷き詰める
  3. 圧力をかけて安定させる
  4. セメントなどで補強する

砂利の場合でも、基礎部分にセメントを使用し、さらにレンガや木の杭で周囲を固定することで安定性が向上します。

敷き詰めた砂利・コンクリートの上にベニヤ板を水平に置くことで、圧力が均等に分散されます。

※ DIYで犬走りを設置する方法は、別記事にて詳しく解説します。

犬走りの注意点

犬走りの水はけ対策

犬走り設置には、水はけ対策が重要です。

コンクリートの場合、水が内部に溜まると材料が腐食し、害虫の繁殖や異臭の原因となります。

基礎の上にセメントや砂利を敷き詰めて隙間を埋めることで、水はけが改善されます。

DIYやメンテナンスの際には、ぜひこの方法を試してください。

犬走りの害虫対策

コンクリートや砂利の隙間があると、シロアリなどの害虫が侵入し、余分な水分が溜まって害虫が発生することがあります。

コンクリート、砂利、レンガで隙間をしっかり覆うことで、害虫対策になり、さらに素材の寿命も延ばすことができます。

DIYで犬走りを作る際は、素材がひび割れる可能性があるため、特に注意が必要です。

犬走りの設置費用と相場

犬走りの設置コストは、使用する素材によって異なります。

それぞれの素材について、コストを検討していきましょう。

砂利の費用

砂利の費用は、1㎥あたり平均2,000円〜3,000円です。

以下は、基礎工事やコンクリート舗装を含めた費用相場です。

  • 地面の耕し
  • 残土処分
  • 栗石敷き
  • ランマーでの固め
  • メッシュ
  • 生コン打設
  • 左官モルタル仕上げ

上記で平均21万円。

  • 高さ15cm
  • 奥行き60cm
  • 幅約300cmのコンクリート敷

上記で平均13万円。

レンガの費用

レンガの費用は、1枚あたりの平均200円前後、仮に50枚分のスペースをレンガで埋めると場合、平均1万円の費用がかかります。

レンガの費用は、犬走りに使われる素材の中でも比較的高めです。

レンガ製の犬走りは、以下の素材が必要です。

  • 水糸
  • モルタル
  • 砕石
  • 珪砂

犬走りの面積によっては、トータルで5万円以上のコストになるパターンも珍しくありません。

コンクリート費用

コンクリート素材の費用は、1㎡あたり平均5,000円〜6,000円です。

ひび割れなどがない限り、長持ちする素材のため、コストパフォーマンスの面からもオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

シンプルなDIYで犬走りを設置することも可能ですが、コンクリートのひび割れや、水はけ対策の失敗など、いくつかのリスクがあります。

不安がある場合は、専門業者に工事を依頼しましょう。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次