【 入門編 】天然芝の手入れ方法を時期ごとに解説!

  • URLをコピーしました!

天然芝は、もともと自生している植物であることから、手入れが不要だと思っている方が一定数います。

しかし、季節や気候などの状況に応じて、天然芝の手入れ(水やり、芝刈り、肥料など)は必要です。

手入れを怠ると、見た目の美しさを失うだけでなく、雑草や虫の繁殖を招いてしまいます。

本記事では、入門編として、天然芝の手入れ方法を解説します。

目次

天然芝の手入れ(必須)

肥料

芝の成長が著しい3月〜11月頃までは肥料が必須。

肥料は芝の成長を促します。

芝の成長は、肥料の有無によって大きく異なり、肥料を与えた場合には、見た目も美しくなります。

ただし、芝が休眠している冬場は、基本的に肥料を与える必要はありません。(休眠中の芝は養分のほとんどを吸収しないため)

目土(めつち)

目土(めつち)とは、芝に土をかける手入れ方法。

目土を行うことで、芝の成長を促進、芝の土壌の凹凸を修正します。

また、「サッチ」と呼ばれる枯れた芝の層を分解する役割もあるため、芝全体の通気性向上に繋がります。

サッチ〜芝生の枯れた葉や根、冬枯れした葉が堆積したもの。

天然芝の手入れ(時期ごとに解説)

天然芝検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

春(3月-4月-5月)

春は、冬に枯れていた芝生が成長し始める時期。

芝生の成長に応じて、芝刈りを行う必要があります。

また、冬よりも気温が上がり乾燥が進むため、水やり、肥料を与える必要があります。

水やりの目安は、2〜3日に1回程度です。

春に行った芝生の手入れによって、夏の芝生の状況が決まるため、適切な手入れが大切です。

夏(6月-7月-8月)

夏は、芝生の成長が最も活発な時期。

芝生が15mmほどの長さになるよう、芝刈りを行う必要があります。

6月は雨が多く、それほど水やりは必要はありませんが、7月以降は気温の高い晴れの日が続くため、毎朝水やりを行うようにしましょう。

秋(9月-10月-11月)

秋ごろから、芝生の成長は緩やかになります。

芝刈りの頻度が減るため、この時期から芝生の手入れが楽になります。

ただし、9月など残暑が続いている場合は、芝生の水不足に要注意。

冬(12月-1月-2月)

冬になると、芝生の成長はほとんど止まってしまいます。

芝生は休眠しているため、水やり、芝刈り等の手入れは必要ありませんが、雑草が繁殖した場合には、こまめに取り除く必要があります。

春が訪れた際は、芝生が順調に成長できるよう、エアレーションをしましょう。

エアレーション〜芝生の土壌に穴をあけること。 芝の通気性をよくする役割がある。

天然芝の種類とその特徴

野芝

野芝とは、日本に自生している植物です。

耐久性に優れており、水やりの頻度を抑えられるなど、管理しやすいことが特徴的です、

また、日本の気候に合っているため、気候などが原因で突然枯れてしまう心配もありません。

種からの栽培も可能であるため、比較的低コストで済みます。

洋芝

洋芝とは、欧州などに自生している芝生。

本来、日本には生息していなかった芝生であるため、野芝よりも手入れが難しく、気候などが原因で枯れてしまう場合もあります。

ただし、野芝よりも見た目がきれいであるため、ゴルフ場や野球場などで利用されています。

農薬や除草剤の散布が必須になるため、家庭で育てるには少しハードルが高いと言えます。

あわせて読みたい
マイホームの庭を芝生にしたい!芝生の種類と特徴、施工費用を知ることが大切 【庭を芝生にする魅力とメリットは?】 世の中には、庭を芝生にしたいと思っている方も多いですよね。 庭を芝にすると見た目が美しくなるだけでなく、家の外観もワンラ...
あわせて読みたい
庭を芝生にする費用は?事前に知っておきたいポイントを解説! 庭を芝生にしたい。 そう思ったそこのあなた、芝生の張り方にも種類があるのをご存知でしょうか? 本記事では、庭を芝生にしたいと思っている方向けに、知っておくべき...
あわせて読みたい
【 庭の芝生 】依頼する専門業者選びが重要な理由を解説! 庭の芝生施工を請け負っている外構業者は多く、費用面だけで選ぶと後悔するかもしれません。 芝生施工には、下地づくりや立地に合わせた芝生選びが必要なので、経験不足...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次