【 今さら聞けない 】外構工事で欠かせないモルタルとコンクリートの違いを解説

  • URLをコピーしました!

意外と知られていないモルタルとコンクリートの違い。

どちらも、外構工事で欠かせません。

新築外構やリフォームを考えている方にとって、実は、検討段階で知っておくべき外構知識がいくつか存在します。

事前知識があれば、外構業者の選定、選定後のコミュニケーションがスムーズになります。

本記事では、モルタルとコンクリートの違いを中心に、シンプルで分かりやすく解説します。

ぜひ参考にしてください。

目次

モルタルとコンクリート

一般的に、モルタルの価格はコンクリートよりも低いため、小規模な工事に適しています。

コンクリートは、大規模な工事に適しています。

抑えておきたい最低限の外構知識は、以下です。

成分の違い

モルタル 〜 砂、セメント、水が主成分。砂はモルタルの粘着性を高め、セメントはモルタルを固化させ、水はモルタルの流動性を維持する役割があります。

コンクリート 〜 セメント、砂、水、砂利が主成分。砂利はコンクリートの強度を高め、骨材としての役割があります。

用途の違い

モルタルは、壁材(石やレンガなど)を接着するために使用されます。モルタルは水和反応で固まる性質があるため、水や湿気に弱く、外壁材には向いていません。

コンクリート 〜 建物の構造部分(柱や梁、床など)に使用され、壁や地面に傾斜面を作るためにも使用されることが多いです。コンクリートも水和反応により固化する性質があるため、構造材として適しています。建築物の安定性を確保するのに役立ちます。

強度の違い

モルタル 〜 強度は弱いけれど、柔軟性があります。

コンクリート 〜 元々の頑丈性に加え、砂利を混ぜることで、より強度が増します。

施工方法の違い

モルタル 〜 手作業で調合され、壁材に塗布されるのが一般的です。

コンクリート 〜 現場で混合され、型枠に流し込むのが一般的です。コンクリート施工は、専門知識と技術が必要です。

価格の違い

モルタル 〜 1kgあたり50円〜100円程度。セメント、砂、水から構成されているため、砂やセメントの価格に影響されます。

コンクリート 〜 1立方メートルあたり15,000円〜25,000円程度。砕石の割合や強度、使用量、配送費用、地域などによって価格が変動します。

番外編(ラスモルタル)

©️ポラリスハウジングサービス

ラスモルタル 〜 ラス網と呼ばれる金網を下地に使われ、その上にモルタルを塗って仕上げた施工方法。主に外壁に使われます。どんな色にでも塗装できるのがメリット。

耐候性(たいこうせい)が弱く、クラック(ひび割れ)が起きやすい点がデメリット。

耐候性(たいこうせい)〜 日光や雨などの天候がもたらす要因に対する耐久性を指す。 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と知らないモルタルとコンクリートの違いを解説しました。

新築外構を検討している方、外構リフォームを検討している方、検討フェーズは人それぞれですが、

外構が知識が乏しい状態で、外構業者に依頼するのだけは避けましょう。

あなたと相性の良い、信頼できる業者選びが大切です。

あわせて読みたい
外構工事の超定番!土間コンクリートの土間って何?基本知識と費用相場をプロが解説 あなたは土間打ちという言葉をご存知ですか? 最近では、家の中などに施工する例も多く、機能面やデザイン面でも人気のある工事の1つです。 筆者が昨年、観光した倉敷の...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次