新築外構のコンクリート工事はトップガーデンにお任せ、施工箇所別に費用を解説!

  • URLをコピーしました!

新築外構を視野に入れているあなたへ。

本記事では、コンクリート工事の費用を庭、駐車場、フェンス等の施工箇所ごとに詳しく解説します。

あなたの予算に見合った、最適なプランを見つけてください。

目次

新築外構コンクリート工事(費用と相場)

外構コンクリート工事とは、建物以外の周囲をコンクリートを用いて施工することでして、具体的な施工箇所は、駐車場・アプローチ・フェンス・ガーデン部分が中心となります。

新築外構でコンクリート工事する際、費用が発生する要素は以下の3つです。

材料費

外構コンクリート工事では、生コンクリートを作るために、セメント・砂利などの材料費が必要です。

ただコンクリートを流し込むだけではなく、基礎部分に使用するワイヤーメッシュや、芯になる金属の材料費もかかります。

基礎部分を軽視すると、地盤沈下やコンクリートの強度に問題が生じるリスクがあるため、重要なポイントです。

設計費

外構コンクリート工事では、設計事務所にデザインを依頼するケースも想定されます。

デザインにこだわり、有名デザイナーに設計を依頼すると、設計費は高くなります。

弊社(株式会社トップガーデン)は、自社デザイナーによるコンペ方式を採用しており、お客さまそれぞれの「 理想の我が家 」を、かたちにします。

工事費

実際に工事を行う業者へ支払う費用が工事費であり、スタッフの人件費や材料の運搬費が含まれます。

工事費は土地の広さや立地など様々な要素に影響され、大きく変動することがあります。

コンクリートによる外構工事の費用相場は、平均1万円/㎡と考えると分かりやすいです。

ただし、1万円/㎡は目安であり、施工箇所によって工事費や人件費が変わるため、同じ面積でも費用に幅があります。

相場価格の目安として、平均1万5,000円/㎡の予算を考慮しておくと良いでしょう。

駐車場・アプローチ

車1台分の駐車スペースは約25㎡であり、駐車場の外構工事には最低でも25万円ほどの費用が必要です。

2台分の駐車スペースの場合、約35㎡となり、最低でも35万円ほどの費用が必要です。

アプローチ部分の面積が広がると、工事費用がプラスされることがあります。

庭園・テラス

庭やテラス部分のコンクリート工事は、駐車場と同様ですが、外観に大きな影響を与えるため、設計費が高くなる可能性があります。

タイルやレンガを使用する場合、費用が追加されます。

例えば、25㎡のスペースであっても、シンプルなデザインでは約30万円、レンガや人工芝を使用した凝ったデザインでは約40万円と、費用に幅があります。

塀・フェンス

一般的なコンクリート塀では、1万円 / ㎡が相場費用ですが、高さや交通量などによって費用が変わることがあります。

そのため、予算は1万7,000円/㎡jほどを想定しておくとよいでしょう。

ただし、塀やフェンスは周辺建物との調和も重要で、住宅環境によっては、デザイン性の高いフェンスや化粧ブロックを使用すると、費用が上がることも考慮しておくことが大切です。

新築外構コンクリート費用を安く抑える方法

ハウスメーカーに新築外構を依頼しない

ハウスメーカーは新築住宅を建築しますが、外構を請け負うこともあります。

業界的にはハウスメーカーに新築外構を依頼する場合、外構業者に依頼するよりも2〜3割ほど費用が高いです。

これを知らない方も多いため、新築はハウスメーカー、外構は外構業者に依頼することがポイントです。

この部分は、別記事にて詳しく解説します。

※ 外構エクステリア部門を持つハウスメーカーも存在し、その場合、外構もこちら巻き取りますというケースもあります。

シンプルなデザインの選択

可能な限り、シンプルなデザインを選択した方が、外構コンクリート工事費用を抑えることができます。

しかし、デザイン面で妥協したくないのであれば、設計事務所に相談する選択肢もアリです。

表から見えにくい部分はシンプルにするなど、費用を抑える方法を提案してくれます。

無駄な費用の削減

新築外構コンクリート工事を依頼する面積は、狭いほど費用を抑えることができます。

自身で対応できる箇所はDIYする、人工芝を敷き詰める、工夫をして余分な費用を賢く抑えていきましょう。

例えば、車2台分の駐車場を確保しているけれど、1台は来客用と考えているのであれば、タイヤが当たる部分のみをコンクリートにし、残りの部分は人工芝や砂利を用いることで施工費用を抑えることができます。

見積もりを複数社に依頼する

新築外構コンクリート工事を依頼する際、複数の外構業者に見積もりを取りましょう。

その際、安さだけではなく、内訳にも注目しましょう。

例えば、他業者よりも極端に材料費が安いのであれば、基礎工事に不安があります。

細かな項目をチェックし、コストパフォーマンスに優れている外構業者にコンクリート工事を依頼することが大切です。

まとめ

本記事で解説した基本ポイントを抑えておきましょう。

外構コンクリート工事は、面積やデザイン・立地などの条件によって費用が異なりますので、一概に新築外構の相場はこれ!と明確に定義することが難しい業界です。

自社の技術力に自信のある外構業者であれば、相見積もりをしていることを伝えても誠実に対応してくれます。

あなたと相性の良い、外構業者を見つけることが外構エクステリアを成功させる秘訣です。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次