目隠しにオススメの植栽8選、メリット&デメリットと植え方のコツを解説

  • URLをコピーしました!

庭や住宅を目隠しする方法の一つとして、植栽の活用があります。

しかし植え方や、樹木の選び方が分からないという方も多いでしょう。

本記事では植栽を活用した目隠しアイデアを解説します。

ぜひ参考にしてください。

目次

植栽で目隠しする方法

植栽を利用して目隠しをするには、以下の方法があります。

  • 枝を活用する
  • 同じ樹木を並べる
  • 枝葉の多い木を選択する

枝が横に広がる木を植えると、外部から見えづらくなり、自然な目隠しができます。

より重点的に隠したい場合は、同じ樹木を多く並べるといいでしょう。

トイレやお風呂場にある、小さい窓への目隠しには、枝葉が茂った密度の高い樹木がおすすめです。

植栽の種類によって、葉の量や枝の延びかたが異なるため、視線を遮りたい場所に応じて樹木を選びましょう。

庭を植栽で目隠しするメリット

植栽を活用するとオシャレに仕上げられ、高い位置の目隠しも簡単です。

塀がある場合でも雰囲気に変化をつけられるほか、風通しもよく、植栽を植えると多くのメリットがあります。

植栽でオシャレに目隠しできる

ナチュラルで、おしゃれな雰囲気のエクステリアに仕上げられる点は、植栽ならでは。

街中でフェンスや塀のある建物を見たとき、圧迫感を覚えたり、無機質に感じたりした経験がある方もいるでしょう。

植栽であれば、周囲の視線を遮りながら木々の彩りを楽しめ、オシャレな空間に仕上げられます。

2mの高さでも植栽なら目隠しできる

フェンスによる目隠しは、2mを超える高さの目隠しは困難ですが、植栽なら可能です。

一度植えると移動が難しいので、大きく育ったときに接触するものがないか、近隣に迷惑をかけない場所であるかを事前に確認しましょう。

草木で風通しよく目隠しできる

植栽は適度に風通しの良さを保ちながら、目隠しができます。

風通しのいい住宅は居心地が良く、湿気がたまりにくいため、カビの発生やシロアリの繁殖防止になります。

植えた草木により、季節を感じながら過ごせるので、生活に多くの潤いを与えてくれるでしょう。

塀の雰囲気を変えて目隠しできる

塀と植栽の組み合わせにより、雰囲気に変化をつけられます。

たとえば、白いフェンスの近くに植栽を植えると、葉のみずみずしい緑色がよく映えます。

つる性の植物を塀に絡ませると、殺風景なイメージから一転して、華やかな雰囲気になるでしょう。

植栽により、塀を異なるイメージに変えながら目隠しが可能です。

目隠しに最適!おすすめ植栽8選

目隠しに適している8種類の植栽を紹介します。

是非、お気に入りの植栽を見つけてみてください。

オリーブ

オリーブは葉の表面は緑色、裏面は銀灰色をしている常緑樹です。

シンボルツリーとしても人気があり、高いところへの目隠しにも向いています。

秋には実を収穫できるので、ピクルスにしたりパスタに飾ったりして、味わいも楽しめる植栽です。

レモン

レモンは育てやすい常緑樹で、厚みのある葉が目隠しに適しています。

樹高は2~3mと大きく育ちにくく、狭い庭でも植栽として利用しやすいでしょう。

11月~1月ごろには黄色い実をつけ、食べるだけでなく、庭を明るく見せてくれます。

ソヨゴ

日陰でも育ちやすいソヨゴは、剪定の手間が少なく、育てやすいでしょう。

ソヨゴは葉の密度が高いので目隠しとして活用でき、繊細な枝による柔らかな雰囲気から、シンボルツリーとしても人気の植栽です。

キンモクセイ

オレンジの小さな花と甘い香りが特徴のキンモクセイは、丈夫な常緑樹です。

葉が一年中生い茂っているため、ピンポイントでの目隠しに適しています。

定期的に剪定して、景観を保ちましょう。

アオダモ

自然樹形が美しくさわやかなアオダモは、和やモダン・洋などテイストを選ばず、さまざまな雰囲気の住宅に似合います。

横へ広がるアオダモの枝木によって広い範囲で自然な目隠しができ、柔らかな葉と風情ある樹形が人気の植栽です。

フェイジョア

南国の雰囲気をもつフェイジョアは、葉の厚みから目隠しに向いています。

フェイジョアの花は、食用のエディブルフラワーとして知られ、白とピンク色の鮮やかな色をしています。

花のあとに成る実も味わい深く、多くの楽しみがある樹木です。

シマトネリコ

シンボルツリーとして人気があるシマトネリコは、シンプルな樹形が魅力です。

シマトネリコは大きく成長するので、高い位置の目隠しに向いています。

成長スピードが速いので、定期的に剪定しましょう。

イロハモミジ

紅葉が楽しめるイロハモミジは、和・洋・モダンなど、住宅のテイストを問わずになじみます。

葉が密集しすぎず、適度に隙間があるため、光を遮らずに風を通しながら目隠しができます。

曲線を描く枝が美しく、庭のデザインにも大きく貢献する樹木でしょう。

まとめ

本記事では、植栽による目隠しのテクニックや、メリットについて解説しました。

植栽を目隠しに活用すると、家の景観をおしゃれに見せられ、風通しの良さから快適に過ごせます。

使用する樹木は、樹高や枝葉の延びかた・成長スピードなどが種類によって異なるので、目隠しをしたい場所を考慮して選びましょう。

是非お気に入りの植栽を見つけて、プライベートな空間を楽しんでくださいね。

あわせて読みたい
庭のシンボルツリーに!スモークツリーがおすすめな理由を解説 外構リフォームの一環として、庭にシンボルツリーを植えようとした時、まず何を植えるか、迷いますよね。 初心者の方にオススメするのは、近年、人気上昇中のスモークツ...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次