庭リフォーム入門ガイド!初心者が知るべきポイントと注意点

  • URLをコピーしました!

あなたは庭リフォームに興味がありますか?

本記事では、プロの外構業者が庭リフォームのポイントや注意点を初心者向けに解説します。

ガーデニングやDIYも楽しめるよう、快適な庭空間を作り上げるためのアイデアやヒントを提供します。

外構業界に詳しくない方でも、本記事を参考に、自分だけの理想の庭を実現できるようになるでしょう。

目次

庭リフォーム(快適さを実現するには?)

庭を快適に使えるようにリフォームしたい場合のポイントは以下の通りです。

庭での過ごし方からテーマを考える

庭をリフォームする際は、庭での過ごし方からテーマを考えることがポイントです。

たとえば、庭で家族や友人と食事を楽しみたい、遊び場として使用したい場合は、過ごしやすい人工芝などが適しているでしょう。

一方、庭で読書を楽しみたい、観葉植物などを鑑賞したい場合は、ウッドデッキを設置することで庭を快適に使えるようになります。

アプローチをつくって外出しやすくする

アプローチとは、住宅の門から玄関までを指します。

アプローチをつくることによって、雨などの悪天候でも外出しやすくなります。

人工芝や砂利にできた水たまりなどで、濡れてしまう心配もありません。

ガーデニングを楽しめるリフォーム

ガーデニングを楽しむ庭リフォームのポイントを解説します。

ガーデニングスペースと収納をつくる

ガーデニングスペースと収納をつくることがポイントです。

ガーデニングスペースは、各家庭のスペースにもよりますが、庭やテラスなど、日当たりや風通しがよく、植物が育ちやすい環境を確保することが望ましいでしょう。

ガーデニングスペースの近くに収納をつくることで、植物の手入れにかかる手間を省けます。

水道を設置する

水道を設置することがポイントです。

庭に水道を設置することで、植物への水やりが楽になります。

水道を設置しなかった場合は、家の中から庭へ水を運ぶ必要があるため、手間がかかります。

庭リフォームの注意点

庭を快適に使えるリフォームを心がける

水道や収納の設置を省いてしまうと、利便性に欠けた庭になってしまうため注意が必要です。

予算や優先度を考慮する

庭リフォームを外構業者に依頼する場合は、施工工程や内容に応じて費用が高くなるケースがあります。

そのため、あらかじめ優先度を決めて、予算内で行える庭リフォームを依頼するようにしましょう。

メンテナンスの手間と費用を考慮する

たとえば、庭に砂利を敷き詰めた場合、隙間から雑草が生えてくるため、定期的に除草剤を撒く必要があります。

事前に砂利の下に防草シートを敷くことで、メンテナンスの手間や費用を抑えることができます。

庭をDIYする(知っておきたいポイント)

人工芝を敷く

人工芝を敷く庭リフォームは、DIY可能です。

庭のスペースが狭い場合は、外構業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

ただ、シャベルや直角定規など、DIYに必要な道具を揃える必要があります。

あわせて読みたい
マイホームの庭を芝生にしたい!芝生の種類と特徴、施工費用を知ることが大切 【庭を芝生にする魅力とメリットは?】 世の中には、庭を芝生にしたいと思っている方も多いですよね。 庭を芝にすると見た目が美しくなるだけでなく、家の外観もワンラ...

砂利を敷く

庭が整地してある場合、防草シートの上に砂利を敷くだけで簡単にDIYすることができます。

DIYで庭に砂利を敷く場合は、事前に砂利を敷きたいエリアの面積を計算し、必要量に応じた砂利を購入しましょう。

あわせて読みたい
外構砂利の費用相場とおしゃれな事例を紹介! 外構砂利は、自宅の柵や門扉、庭や車庫周辺に敷き詰められる砂利で、外観をおしゃれに変える効果があります。 防犯対策や庭のぬかるみ防止、雑草対策にも役立ち、ヒート...

ウッドデッキを設置する

ウッドデッキの面積によっては、外構業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

ただ、重量が重い木材を使用することから、DIYするには手間と労力がかかります。

電動丸のこや電動ドライバーなど、高価な工具を揃える必要があります。

初心者は簡単なDIYから始める

初心者は、道具や高度な技術が必要ない簡単なDIYから始めましょう。

整地やウッドデッキの設置は、初心者にとっては難易度が高く、道具や技術が必要となります。

整地のみ外構業者に依頼し、残りの作業はDIYするといった工夫をしましょう。

方角を考える

方角を考えることがポイントです。

日当たりを重視する場合、長時間の渡り日差しが入る南の方角がオススメです。

採寸を正確に測る

砂利の下に敷く防草シートの採寸を間違えてしまうと、隙間から雑草が生えてきてしまいます。

メンテナンスの手間が増えてしまうため、DIYでは採寸を正確に測ることが大切です。

難易度の高い部分は外構業者に依頼する

DIYで怪我をしてしまっては本末転倒です。

大型設備の設置や電気工事は、怪我をしてしまう危険性があるため、専門業者に依頼しましょう。

まとめ

今回は、庭リフォームのポイントについて解説しました。

庭をDIYすることは可能ですが、外構業者よりもクオリティが落ちてしまいます。

高度な専門技術が必要な部分は、外構業者に依頼することをオススメします。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次