庭のシンボルツリーに!スモークツリーがおすすめな理由を解説

  • URLをコピーしました!

外構リフォームの一環として、庭にシンボルツリーを植えようとした時、まず何を植えるか、迷いますよね。

初心者の方にオススメするのは、近年、人気上昇中のスモークツリーです。

本記事では、スモークツリーの種類と植え方を解説します。

目次

スモークツリーって何?(おすすめな理由)

スモークツリーはウルシ科の落葉樹で、別名、ケムリノキ(煙の木)とも呼ばれます。

名前の通り、煙のようなフワフワした煙のような花を咲かせるのが特徴です。

樹高は3~4メートルで、開花期は5月頃。

スモークの花状になるのは6月から7月頃(地域によって差はあり)です。

ただし、綿菓子のような花柄が見られるのは雌株だけですので、購入の際には注意が必要です。

シンボルツリーとは、文字通り、庭の象徴となる木を指します。

庭に初めて木を植えてみたいと考えた場合、何を選ぶか、庭の雰囲気に合うか、お手入れなどは大丈夫か、などが選択のポイントです。

そもそも選びたい木が何であるかも分からないという方には、近年、人気のスモークツリーがオススメです。

理由は、主に5つあります。

  • 耐寒性、耐暑性が強い(初心者でも育てやすい)
  • 地植えの場合は、ほとんど水やりなどの手入れが不要(乾燥に強い)
  • 落葉樹のため季節感が味わえる(下草や花による演出が楽しめます)
  • もふもふ感のある、ふわふわした花が可愛らしい(ドライフラワーにもできます)
  • 品種が豊富でカラーリリーフとしても楽しめる(品種によって庭の雰囲気が変わります)

スモークツリーの品種5選

スモークツリーには、様々な品種があります。

代表的な5種類の特徴を紹介します。

ロイヤルパープル

美しい赤紫の葉が特徴的。インパクトのある色味で庭を彩ります。

グリーンボール

緑とピンクが混ざった色の花柄。色味は日当たりによって変化し、日の当たる部分はピンク、日陰がグリーンになります。

フレーム

成長が早く、たくさんの花を咲かせます。

花柄はピンクっぽい赤で、葉は秋に鮮やかな赤やオレンジになります。

グレース

花柄も葉も赤紫色で、シックな雰囲気。

ロイヤルパープルよりも花の色が少し淡く、花柄は綿菓子のようになります。

ゴールデンスピリット

黄金色の葉が魅力です。

季節によって緑、オレンジ、赤と変化します。ピンクがかった花柄。

他にも、ラブリーローズ、リトルルビー、ピンクエンジェルなどがあります。

お気に入りの品種を探してみてください。

スモークツリーを庭に植える手順

スモークツリーの植え付けに適しているのは、厳寒期を除いた落葉期(11月~3月上旬頃)です。

手順は、以下の3つです。

土の準備

日当たりと風通しの良い場所を選び、左右ある程度に枝葉を伸ばせるスペースを確保しましょう。

ジメジメした土を嫌い、乾燥気味の土を好みます。

粘土質の土の場合は、軽く耕した後に、腐葉土や堆肥をすき込んだりして、水はけの良い土にすると良いでしょう。

鉢から苗を抜く

鉢から抜きにくい場合は、無理に引っ張らずに鉢の周りを叩いたり、地面にトントンしてあげると、簡単に取り出せます。

抜いた苗の下の方を軽くほぐすと、根が伸びやすくなりますよ。

苗を植える

苗の大きさに掘っておいた穴に苗をおいて、慎重に向きを決めます。

決まったら、木がぐらぐらしないように土を埋めましょう。

最後にたっぷりと水をあげて完了です。

まとめ

筆者は、過去にオリーブの木やサンスベリアを育てようとしたものの、水をあげ過ぎて枯らしてしまった、という失敗の経験があります。

昔の自分に、スモークツリーがあることを教えてあげたいですね。

育ったふわふわの花はドライフラワーにしたり、お部屋のインテリアにしたりと、楽しみ方も豊富ですので、おすすめですよ。

あわせて読みたい
目隠しにオススメの植栽8選、メリット&デメリットと植え方のコツを解説 庭や住宅を目隠しする方法の一つとして、植栽の活用があります。 しかし植え方や、樹木の選び方が分からないという方も多いでしょう。 本記事では植栽を活用した目隠し...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次