玄関アプローチでタイルは定番?特徴&メリット・デメリットを徹底解説!

  • URLをコピーしました!

玄関アプローチの素材として定番かつ人気が高いタイル。

しかし、レンガや石材、コンクリート、魅力的な素材が他にもたくさんあって迷ってしまう人も多いと思います。

本記事では、タイルの特徴&メリット・デメリットを他素材と比較しながら解説していきます。

目次

タイルの特徴を他6素材と徹底比較

玄関アプローチを作るときに使われる素材には様々なものがあります。

見栄えが大きく変わるのはもちろんですが、施工費用や機能も大きく変わってくるので、理想のデザインや予算と相談しながら決めていくのがおすすめです。

タイル

定番ながら、色・サイズ・質感などのバリエーションが豊富。

メリット:耐久性が高い
デメリット:濡れると滑りやすくなる

レンガ

温かみがあり、ガーデニングのある洋風な外観とマッチする。

メリット:曲線をつくりやすい
デメリット:風化する

インターロッキング

公園や歩道によく使用される、コンクリートブロックを噛みあわせるような舗装方法。

メリット:水はけがよく強度が高い
デメリット:目地から雑草が生えてしまう

石材

和洋関係なく合わせやすく、正方形・長方形・乱形などバリエーションも出しやすい。

メリット:割れにくくて丈夫
デメリット:施工費用が高め

枕木

DIYでも使いやすく、アンティークや洋風の雰囲気に合わせやすい。

メリット:DIYしやすく、味がある
デメリット:劣化しやすい

コンクリート

シンプルでスタイリッシュな印象をつくりやすい。

メリット:丈夫で雑草などが生えない
デメリット:施工に時間がかかる

砂利

「化粧砂利」と呼ばれ、手軽かつおしゃれに見せることができる。

メリット:施工費用が安く防犯性が高い
デメリット:施工に時間がかかる

玄関アプローチをタイルにするメリット・デメリット

ここではタイルのメリットとデメリットを解説していきます。

タイルのメリット・デメリットはそれぞれ以下の通りです。

  • メリット①:見た目がおしゃれ
  • メリット②:掃除がらくちん
  • メリット③:耐久性が高い
  • デメリット①:水に濡れると滑りやすくなる
  • デメリット②:夏場は高温になりやすい
  • デメリット③:施工費用はやや高め

メリット①:見た目がおしゃれ

シンプルでクセのないタイルは、見た目をすっきりとスタイリッシュに見せることができます。

同じ色と大きさのタイルを整然と並べても綺麗ですし、大きさや色などでメリハリや変化をつけることで個性的でアクセントのあるデザインにすることも可能です。

メリット②:掃除が楽ちん

汚れが付着しづらく、雑草が生えてこないため、タイルには大掛かりなメンテナンスが必要ありません。

土や砂、埃などで汚れてもブラシで軽くこすりながら、水で流すだけで元の綺麗な見栄えに戻すことができます。

タイルは、手間いらずにオシャレで綺麗な見た目を保つことができる素材と言えるでしょう。

メリット③:耐久性が高く補修いらず

タイルは傷にも強く、撥水性・耐久性が高い素材です。

玄関アプローチは雨風にもさらされやすい場所なので、安全性のためにも耐久性が高い素材を使うことは欠かせません。

また、耐久性が高いことで、その後のメンテナンス費用の節約にもつながります。

デメリット①:水に濡れると滑りやすくなる

タイルの大きなデメリットの1つは、雨などで濡れると滑りやすくなる点です。

これは、耐水性を向上させるなどの効果がある「 釉薬(ゆうやく) 」を塗っているためで、ガラスのようにツルツルとしたタイルの表面には見覚えがある人も多いと思います。

現在では滑りづらいよう加工を施したタイルなどもあります。

転んでしまうのを防ぐため、小さなお子さんがいる家庭などは、滑りにくいタイルを選ぶことも検討してみてください。

デメリット②:夏場は高温になりやすい

タイルは熱がこもりやすく、夏場の直射日光があたることで、表面温度が50度近くになってしまうこともあるようです。

表面温度が上がりにくいタイルがあるので、ペットや小さいお子さんがいる家庭などは安全面を考慮し、タイルを選びましょう。

デメリット③:費用はやや高め

タイルには種類・色・大きさにさまざまなバリエーションがあり、こだわるほどタイルにかかる費用は上がってしまいます。

施工費用も当然かかるので、おおよその相場が存在するコンクリートやレンガに比べると、総合的な費用はやや高くなる傾向があるようです。

もちろん選ぶタイル次第では費用を抑えることもできるので、ぜひ一度、外溝業者に相談してみてください。

まとめ

タイルは、デザイン性の高さと掃除やメンテナンスの手間のかからなさが大きな魅力でした。

滑りやすいなどのデメリットについても、しっかりと補うような加工のタイルがあり、選ぶタイルによっては神経質に気にする必要もありません。

本記事がおしゃれな玄関アプローチ作りの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
玄関アプローチに使いたいレンガの特徴、デザイン例を画像付きで解説! レンガは土由来の柔らかな印象がある素材でDIYにも使いやすいため、玄関アプローチで使いたいという人も多いと思います。 しかしその特徴を改めて振り返ると、よく分か...
あわせて読みたい
コンクリートの玄関アプローチは殺風景?素材の特徴とメリット・デメリットを解説! 無機的でスタイリッシュな印象のあるコンクリートですが、玄関アプローチに使うと少し殺風景に見えてしまうのではないかと心配に思う人もいると思います。 本記事では、...
あわせて読みたい
外構アプローチが必要な理由とは? かっこいい〜モダンなデザイン5選! 「 外構アプローチをどのデザインにするといいのかイメージが湧かない 」 「 費用がかかりそうだし後でもいいかな?」 外構アプローチの施工でお悩みの方もいるでしょう...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次