【 入門編 】ウッドデッキの種類 – 5選を解説!

  • URLをコピーしました!

ウッドデッキとは、住宅の外周り部分に作られる木製のテラスのことです。

温かみのある木材を使って作られたウッドデッキは、家族にとってお気に入りの居場所となることでしょう。

新たにウッドデッキを作るのなら、そのデザインにはとことんこだわりたいものです。

本記事では、「 ウッドデッキにはどんな種類があるのか 」について解説します。

目次

ウッドデッキの種類

まずは、ウッドデッキのデザインを種類ごとに解説していきます。

豊富な種類のウッドデッキから、お気に入りのスタイルを探してみてください。

シンプルなウッドデッキ

窓の外にシンプルなウッドデッキを作るだけでも、住宅の見た目のイメージはガラリと変わります。

庭にそれほど広さがなければ、1~2畳分くらいのウッドデッキを作ってみるのも良さそうです。

段差やスロープなどがないシンプルなタイプのウッドデッキはコストが安く、設置にもそれほど手間がかかりません。

段差付きのウッドデッキ

ウッドデッキに段差を設け、そのまま庭や玄関口の方に降りられるようにするパターンもあります。

ウッドデッキに段差があれば庭への出入りがスムーズになります。

階段の高さくらいの段差を1~3段ほど作るほか、スロープをつけて庭へと出られるようにするデザインもあります。

段差のあるウッドデッキを作るときにはデザイン性にこだわり、スタイリッシュなイメージに仕上げるのがおすすめです。

目隠し付きのウッドデッキ

ウッドデッキの周囲にフェンスを設ければ、隣接する住宅や道路からの視線をさえぎることができます。

目隠しのフェンスをウッドデッキと同素材で作り、ナチュラルな雰囲気に仕上げるケースは多いものです。

一方で、あえて金属など異素材を使って洗練されたスタイルに仕上げる方もいます。

ウッドデッキの周囲に目隠しをつけるときには、どんな種類のフェンスがあるのかをカタログなどでチェックしておきましょう。

自然と調和したウッドデッキ

自然素材である木材を使ったウッドデッキには、独特の温かみがあります。

そんなウッドデッキの周囲にさまざまな種類の植栽を設置すれば、見た目の印象がさらに良くなります。

ウッドデッキの一部分に、お好みの木や花々を植えてみましょう。

また、ウッドデッキの一部にプランターを設置できるスペースを作るのもいい方法です。

ウッドデッキに木や花々を設置すれば、ガーデニングを楽しめるステキな空間として活用できます。

収納付きのウッドデッキ

住宅の各所に収納スペースを作りたいという方は、ウッドデッキにも収納を設けてみましょう。

例えば、チェアに早変わりする収納ボックスをウッドデッキに置けば、中にあれこれと道具や荷物をしまっておけます。

ウッドデッキの床下に跳ね上げ式の収納スペースを作ったり、ウッドデッキ周辺に収納用の棚を設置したりする方法もあります。

まとめ

ウッドデッキにはさまざまな種類のデザインがあります。

スタイリッシュなウッドデッキがあれば、屋外でゆっくり過ごしたり家族で語らったりと楽しい時間を過ごせます。

どんなウッドデッキを作りたいのかをしっかりイメージしておくことが、理想的なウッドデッキを造り上げるためのポイントです。

まずは外構業者に相談し、カタログやウェブサイトをチェックしてお好みのスタイルを選んでみましょう。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次