初心者でも分かる!ウッドデッキ木材の種類と選び方

  • URLをコピーしました!

ウッドデッキを作ろうと考えたときに、まず大事なのは、木材選びです。

ウッドデッキに適した木材には、様々な種類があります。

本記事では、ウッドデッキにうってつけの木材の種類と特徴、選び方のポイントを解説します。

目次

ウッドデッキとは? 

ウッドデッキという言葉は、英語のdeck(デッキ=船の甲板)に由来します。

そのことから、ウッドデッキは、木材、または木材と樹脂を混合した合成木材で作られた床を指し、リビングなどと連続した作りになっているものを指します。

ウッドデッキに最適の木材の種類

ウッドデッキの木材は、大きく「 天然木 」と「 樹脂・人工木 」の2つに分けられます。

質感や外見、施工性やメンテナンスの要不要など、目的に応じた木材を選ぶと良いでしょう。

以下に、それぞれの特徴を解説します。

天然木の種類

天然木とは、自然に育った樹木から切り出した木材のことです。

天然木は、大きく「 ソフトウッド 」「 ハードウッド 」に分けられます。

ソフトウッドは名前の通り、柔らかい材料で作られていて、レッドシダー、杉、ヒノコなどが代表的です。

木の風合いがあり手触りがよく加工もしやすい反面、水分を吸収しやすいので腐敗が進みやすく、シロアリの被害にも遭いやすいというデメリットもあります。

ハードウッドは、硬い材料で、前者に比べて木の繊維が細かく密になっているため、破損しにくく強いというメリットがあります。

イタウバ、ウリン、イペなどが代表的です。

メンテナンスが不要であり、長持ちするのが特徴ですが、加工が難しいので、ウッドデッキを作る際は、プロの業者に相談することをオススメします。

天然木のメリットとデメリット

ウッドデッキに天然木を使用するメリットは、

  • 美しい木の風合いを楽しめる
  • ソフトウッドは安価で入手できる
  • 自由な加工ができる

という点にあります。

デメリットは、

  • 天候の影響を受けやすい
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • ささくれが発生しやすい

という点です。

ただし、ハードウッドの場合、ソフトフッドより高価ですが、上記のデメリットは、ほとんど発生しません。

 樹脂・人工木の特徴

樹脂・人工木とは、天然木に似せて工業的に作られた木材のことです。

メーカーによって異なりますが、樹脂(プラスチック)と木粉を混ぜ合わせて成形するのが主です。

特徴としては、天然木のような質感を出しつつ、経年劣化がほとんどないため、天然木材の何倍も長持ちします。

樹脂・人工木のメリットとデメリット

ウッドデッキに樹脂・人工木を使用するメリットは、

  • メンテナンスがしやすい
  • ささくれがなく怪我のリスクが少ない
  • 耐久性が高い
  • デザインやサイズのバリエーションが豊富

という点にあります。

デメリットは、

  • 熱を持ちやすい
  • 木の本来の温もりが感じにくい

という点です。

材料を選ぶときのポイント

ウッドデッキの材料を選ぶときの、ポイントは以下の3つ。

  • 価格
  • 加工性
  • 耐久性

単価が高い材料は総額も高くつくので、注意が必要です。設置するサイズを把握しておきましょう。(天然木は種類によって、供給の減少による価格が高騰する可能性もあります)

DIYをする場合は、切断や穴あけを簡単にできるかが大事ですね。プロの業者に依頼する場合も、材料の加工性が高いほど施工費用も抑えられます。

腐食・シロアリ・経年劣化によるささくれや割れなどが起こりにくい、耐久性の高い材料を選びましょう(メンテナンスによるカバーは可能です)

目的や予算、好みに応じて、天然木か人工木を選択することがポイントですね。

ウッドデッキは一度、設置すると、撤去が簡単ではないため、失敗したくないという方は、プロの外構業者に相談してみると良いでしょう。

まとめ

本記事では、ウッドデッキ作りのための木材の特徴と、選び方について紹介しました。

ウッドデッキがあれば、子どもやペットと遊んだり、BBQや屋外読書、コーヒータイムを楽しんだり、とお家での時間が充実したものになるでしょう。

ただし、ウッドデッキは、すぐに取り替えることはできません。

失敗しないためにも、まずは、木材からしっかりと吟味して選んでくださいね。

あわせて読みたい
【 チェックリスト 】ウッドデッキにフェンスを後付けする方法 前回は、ウッドデッキにフェンスを設置するかどうかを検討するための記事を紹介しました。 今回は、ウッドデッキを設置したけど、やっぱりフェンスも設置したいという方...
あわせて読みたい
【 置くだけで完成!】ウッドデッキおすすめ3選と設置のコツ ゆったりとくつろげる憩いの場として、庭の使い道を広げることができるウッドデッキ。 置くだけ型のウッドデッキならば、安く簡単に雰囲気を変えることができます。 本...
あわせて読みたい
置くだけ型のウッドデッキは台風でも大丈夫?メリット・デメリット&注意点を徹底解説! 工事要らずで簡単に設置できる「置くだけウッドデッキ 」なら、手間やお金をかけずに庭の雰囲気を一変させることができます。 しかし手軽な一方、こんな不安や疑問を抱...
あわせて読みたい
ウッドデッキにフェンスは必要? 〜メリットとデメリットを解説〜 ウッドデッキを設置する際に、決めておきたいことのひとつに、フェンス(柵)を付けるかどうかという問題があります。 ウッドデッキがあれば、天気の日に日向ぼっこをし...
あわせて読みたい
【 誰でも出来る 】ウッドデッキの簡単お掃除テクニック ウッドデッキは屋外にあるため、掃除やメンテナンスが大事です。 よく晴れた日、鳥のさえずりを聞きながら、ウッドデッキで過ごすひと時。 家族やペット、友人たちと心...
あわせて読みたい
初心者でも簡単!ウッドデッキに照明をつける4つの方法 ウッドデッキは、自宅にいながらも屋外の風を感じたり、木のぬくもりと香りを楽しんだりと、リラックスするには、うってつけのスペースです。 そこへ照明を導入すると、...
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次